ミネラルたっぷり!インゲン豆とカラフル野菜のスープ|ヨギのヘルシーレシピ

SHERI GIBLIN

ミネラルたっぷり!インゲン豆とカラフル野菜のスープ|ヨギのヘルシーレシピ

毎日の食生活に野菜をたくさん摂り入れたい人は多いだろうが、生の野菜を大量に食べるのは現実的ではないし、生野菜は体を冷やす一因にもなりうる。たっぷりの野菜を摂りたいなら、スープがおすすめだ。食感はもちろん、目にも楽しい、彩り豊かなスープのレシピを紹介する。たくさん作って、ヨギ仲間とシェアする喜びも味わって。

材料(8人分) ※ カップはアメリカのもの

  • 大粒の乾燥ライ豆…1カップ
  • シーソルト…小さじ1以上
  • タマネギ…中2個
  • オリーブオイル…大さじ2以上
  • 赤ピーマン…中1個
  • 完熟トマト…約680g
  • サヤインゲン…約170g
  • サマースクウォッシュ(ペポカボチャ)…約230g
  • ホウレンソウ…約170g
  • 薄皮をむいて刻んだニンニク…6かけ分
  • 刻んだ生のバジル…1/3カップ
  • 生のオレガノ(または乾燥オレガノ)…大さじ1
  • フレッシュ・レモンジュース…大さじ1~2
  • 挽きたての黒コショウ…適量

つくり方

  1. 豆を洗い、水7カップとともに鍋に入れ、強火にかけて沸騰させる。沸騰したら火を弱める。豆が水に浸っているよう、必要であれば水を加えながら、ふたをして弱火で1時間、もしくは豆が完全にやわらかくなるまで煮る。塩を小さじ1加える。豆と煮た水はそのまま置いておく。
  2. タマネギを粗く刻み、大さじ1のオリーブオイルでソテーする。数分したら火を弱め、タマネギがやわらかくなり、色づき始めるまで約25 分、ゆっくりと炒める。
  3. 赤ピーマンを直火で、火が均等に通るよう1〜2回向きを変えながら、皮が浮き上がってくるまであぶる。その後、紙袋に約2分入れて蒸気で汗をかかせ、皮をむく。へたと種を取り、1.3㎝程度の大きさに切る。
  4. 鍋にお湯を沸騰させ、トマトを熱湯に45 秒入れる。水を切り、冷水でゆすいで皮をむいて、ぶつ切りにする。サヤインゲンの端を取り、約2.5㎝の長さに切る。サマースクウォッシュは、形によって薄切りか角切りにする。ホウレンソウを洗い、粗く刻む。葉が小さい場合はそのままでもよい。
  5. 大きめのスープ鍋に水3カップを入れて弱火にかけ、サヤインゲンと塩小さじ1を加える。5分ほどしたらスクウォッシュ、ホウレンソウ、赤ピーマン、トマト、タマネギを加える。ふたをして約10 分弱火にかける。
  6. 2のタマネギを炒めたフライパンにオリーブオイル大さじ1とニンニクを加え、ニンニクが色づき始めるまで、中~強火で2〜3分ソテーする。そのニンニクを、バジル、オレガノ、豆、豆を煮た水と一緒に5の鍋に加える。
  7. もう一度鍋を弱火にかける。レモンジュースと黒コショウで味を調える。大きなボウルによそい、オリーブオイルを回しかける。

Photo by Sheri Giblin
Food styling by Erin Quon
Translated by Yuko Altwasser
yoga Journal日本版Vol.23掲載

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する