太もも痩せストレッチ動画|パンパンに張った太もも&セルライト解消法

Adobe Stock

太もも痩せストレッチ動画|パンパンに張った太もも&セルライト解消法

磯沙緒里
磯沙緒里
2020-07-29

体の中でもなかなか痩せにくい場所の代表的存在といえる太もも。目立つので痩せたいと願う方も多いですが、自力で痩せることは諦めている方も多いようです。今回はそんな方に向けて、自分でもできる太もも痩せの方法をお伝えします。

太ももが太くなっていく原因とは?

パンパンの太ももが気になっているものの痩せにくいしどんどん太くなっていくようだと感じている方は多いようです。さらに、太ももはセルライトができやすい場所でもあります。どうして太くなりやすい上にセルライトまでできてしまうのでしょう?

太ももが太くなる原因は大きく分けて3つ考えられます。

・下半身の脂肪が多いタイプ…運動不足だったり、デスクワークなどの下半身を使わない方は、下半身の脂肪が蓄積されやすい傾向にあります。ヨガや筋トレで下半身の筋肉をつけ、基礎代謝を上げましょう。また、意外と多いのが、過去にスポーツをしていて太ももの筋肉がついていたけれど、現在はスポーツをやめて年月が経っているケース。このような場合も実は太ももに脂肪が多くなっています。昔ついた筋肉も、使わなければ脂肪に変わってしまうため、自分の太ももは筋肉で太いと思っていて放置しているケースも多いのです。このような場合はマッサージでほぐすこともお勧めです。

・むくみタイプ…長時間立ちっぱなしでいることが多い方は下半身がむくみやすい傾向にあります。1日の終わりには、マッサージやストレッチをしてから眠る習慣をつけましょう。また、必ず湯船に浸かるようにしましょう。

・骨盤の歪みタイプ…骨盤の歪みは日常生活の習慣の積み重ねで悪化してしまいますが、歪みによって筋肉や脂肪のつき方がアンバランスになります。歪みによって血流やリンパの流れも悪くなるため、ヨガで歪みを改善することから始めましょう。運動不足でもあり、なにから始めたらいいか悩ましい方は、以下の記事を参考に動いてみましょう。

【寝たままOK骨盤矯正ヨガ動画】ぽっこりお腹、太ももの張り…骨盤が歪むと太りやすくなる理由は

効果的に太ももを細くする方法とは?

太ももを細くするためには、以下の筋肉にアプローチしていきます。

・大腿直筋…太ももの前側

・内転筋群…太ももの内側

・外側広筋…太ももの外側

・ハムストリングス(特に内側)…太ももの裏側

中でも、太ももの内側や鼠蹊部を中心にアプローチしていくと効果的です。

1. マッサージでほぐす

リンパは太ももの内側と前側を通っています。特に鼠蹊部には鼠蹊リンパ節があるため、太ももの内側や前側、鼠蹊部の皮膚が硬くなると、リンパの流れがスムーズでなくなってしまうため、マッサージをしてしっかりほぐしてあげることが大切です。足全体が太くて気になる方は、ひざの裏の膝窩リンパ節もほぐしてあげることをお勧めします。

また、太ももの内側の筋肉である内転筋群は日常生活ではなかなか使いにくいため、固まりやすい場所でもあります。ここが固まることで血管やリンパ液を圧迫してしまい、老廃物や水分や溜まりやすくなってしまいます。これが脂肪細胞とくっつくことで、セルライトになってしまうため、内ももは特にマッサージしましょう。

2. ヨガでほぐしながら骨盤矯正し、筋肉をつける

マッサージだけでなく、ヨガでも太ももをほぐすことが可能です。ヨガではほぐしつつも骨盤矯正ができたり、下半身の筋力強化もできたりと、太ももを細くするためにもお勧めです。また、ヨガで下半身の大きな筋肉を鍛えることで脂肪が燃焼しやすい体になり、リンパの流れや血行が改善されます。

以下の動画で、マッサージとストレッチとヨガポーズを行うことができます。太ももはすぐに変化を感じにくく、最初は少しほぐれる程度かもしれませんが、根気よく続けると変化が現れやすい場所でもあります。ぜひ繰り返し試してみましょう。

ライター/磯沙緒里
ヨガインストラクター。幼少期よりバレエやマラソンに親しみ、体を使うことに関心を寄せる。学生時代にヨガに出会い、会社員生活のかたわら、国内外でさまざまなヨガを学び、本格的にその世界へと導かれてインストラクターに。現在は、スタイルに捉われずにヨガを楽しんでもらえるよう、様々なシチュエーチョンでのレッスンを行う。雑誌やウェブなどのヨガコンテンツ監修のほか、大規模ヨガイベントプロデュースも手がける。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する