知らずにストレスを溜めている?仕事における感情労働とは|臨床心理士が解説

photo by polkadot/Adobe Stock

知らずにストレスを溜めている?仕事における感情労働とは|臨床心理士が解説

南 舞
南 舞
2020-04-22

身体を使って働く肉体労働、データや情報を扱う頭脳労働など社会には様々な働き方がありますが、感情労働という働き方が近年注目されているのをご存知ですか?

感情労働とは?

最近日本では、【感情労働】という働き方が注目されるようになってきました。感情労働とは、アメリカの心理学者であるA.R.ホックシールド氏が作った考え方で、自分の感情をコントロールすることで顧客への満足度を高め賃金を得る働き方のことです。感情労働を求められる職種の代表的なものとして、看護師や客室乗務員(CA)、接客業、営業職、医療従事者などが挙げられますが、これ以外にも人とコミュニケーションをとることが求められる職種であれば全て感情労働に当てはまります。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

知らずにストレスを溜めている?仕事における感情労働とは|臨床心理士が解説
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する