『甘酒』で免疫力にアプローチ!健康的なカラダづくり#Stay Healthy

photo by norikko/Adobe Stock

『甘酒』で免疫力にアプローチ!健康的なカラダづくり#Stay Healthy

佐藤 舞
佐藤 舞
2020-04-22

私たちを取り巻く環境が、変動しつつある今日。毎日の生活リズムが崩れて、ストレスが溜まったり、食生活の乱れから、免疫力が下がり、体調の不調を感じやすくなってしまいます。免疫力を高めるためには、腸の環境を改善し、その働きを活発にすることが大切です。そこで、おすすめなのが発酵食品である『甘酒』です。甘酒の優れた栄養価や健康効果をご紹介します。

自然由来の栄養ドリンク「甘酒」

甘酒は、日本で生まれた日本固有の飲み物で、日本が誇る発酵食品のひとつであります。甘酒の歴史はとても古く、古墳時代にさかのぼります。米麹を混ぜて60℃ぐらいの温度で保温し、一晩程度おくだけで出来るため、古くは一夜(ひとよ)酒とも呼ばれていました。

栄養豊富な甘酒は、体力回復に効果的な為、「自然由来の栄養ドリンク」として、長い間人々の健康を支え続けてきました。お米の優しい甘みが美味い甘酒は、今でも私たち日本人にとっては馴染み深い飲み物ですよね。

腸内環境を整える

甘酒には、食物繊維やオリゴ糖もバランスよく含まれており、腸内の悪玉菌を減少させ、善玉菌を増やして腸内環境を整える働きがあります。

甘酒には、お米由来の食物繊維が豊富に含まれています。腸内細菌のエサになる水溶性食物繊維と、腸内の食べカスなどをお掃除してくれる不溶性食物繊維の両方があるのも魅力です。不溶性食物繊維のひとつである「レジスタントプロティン」は、油や脂質を吸着して便として排出するので、腸内環境をスッキリとさせ、ダイエット効果にも期待できます。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する