室内にいる時間が多くなる今、気をつけておきたいこと。

Unsplash

室内にいる時間が多くなる今、気をつけておきたいこと。

成瀬美紀
成瀬美紀
2020-04-07

今世界中どこにいても新型ウイルスの影響で、リモートワークに切り替わったり外出が制限されていたりと、室内にいる時間が多くなっていることと思います。そこで気をつけておきたいことをイギリスよりご紹介します。

イギリスでは3月22日に外出禁止令が出て以来、食品の調達や医療サービスを受けるための外出、その他一日一度運動(歩く・走るなど)のための外出以外は自宅にいることと決められています。また3月29日よりサマータイムに切り替わり日照時間が長くなりましたが、基本的にイギリスは曇りの日が多く日光の量が少ないと言われています。そこでイギリスの国民保健サービス(NHS)では日頃からイギリスに住む人はビタミンDが足りていませんと警告をしているほどです。

Photo by dylan nolte on Unsplash
Photo by dylan nolte on Unsplash

そもそもビタミンDとは

ビタミンDとは欠乏しやすいと言われる栄養素の一つで、いくつかの食品に含まれておりカルシウムの吸収を促進し骨を丈夫にしたり筋力を高めるために必要不可欠なビタミンです。また体内に侵入してくる細菌やウイルスを撃退する役目もあると言われ、免疫機能を調節する働きもあります。

通常ビタミンは体の中で作ることができないため、食事やサプリメントから摂取しなければなりません。しかしビタミンDは食事以外に、日光に当たることによって80%から90%を体内で作ることが可能という特性があります。

ビタミンDが不足すると骨や筋肉が弱く脆くなりやすく、血液中のビタミンDの濃度も低くなるため風邪などを引きやすくなると言われています。そのため外出が減りリモートワークが多くなる今注意が必要です。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

Photo by dylan nolte on Unsplash
Photo by Alisha Hieb on Unsplash
室内にいる時間が多くなる今、気をつけておきたいこと。
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する