アラフィフ講師が実践!筋肉の状態を整えるヨガポーズ

yoga Journal日本版

アラフィフ講師が実践!筋肉の状態を整えるヨガポーズ

ムキムキではない、しなやかな筋肉の持ち主の「美筋の秘訣」をご紹介する企画。アラフィフ世代のヨギたちに絶大な人気を誇る峯岸道子先生は、日々の練習で筋肉の状態を整えるヨガを実践しているそう。その方法とは?

太陽礼拝を軸に体が求めるポーズをチョイス

ヨガの練習では、太陽礼拝を中心に、体が求める動きに応えるポーズをとり、体のコンディションを調整。そのうえで、チャトランガやランジを行い、強い筋肉をキープ。

1.チャトランガを確実に行い腕~体幹を強化

ヨガの練習で必ず行うのがチャトランガ。プランクから肘を90度に曲げ、つま先を立てることで体幹と背中、腕まわりが鍛えられます。

アラフィフ・ヨガ講師が実践!筋肉のコンディションを調整するヨガポーズ
photo by yoga Journal日本版

2.ランジ+αで一度に広範囲の筋肉を刺激

ランジに2つの動作をプラスし、全身の筋肉にアプローチ。「どちらも、お腹を背骨につけるイメージで腹圧をかけて息を吐ききる呼吸がポイント。体の深いところの筋肉まで刺激が入ります」

やり方

1.左脚を前にランジの下半身をつくり、上体を左にねじる。胸の前で合掌。息を吐きながら、手のひらをギュッと強く押し合い体幹、大胸筋を強化。5呼吸。反対も。

アラフィフ・ヨガ講師が実践!筋肉のコンディションを調整するヨガポーズ
photo by yoga Journal日本版

2.左脚を前にランジの下半身をつくり、上体を左にねじる。両手を肩の高さで開いて鎖骨と腕を一直線にし、体幹、大臀筋を強化。5呼吸。反対も。

アラフィフ・ヨガ講師が実践!筋肉のコンディションを調整するヨガポーズ
photo by yoga Journal日本版

教えてくれたのは…峯岸道子さん
Body&Mind Yoga Studio主宰。フィットネス界の草分け的存在として活動後、2000年に沖ヨガ指導者認定を受ける。運動生理学に基づく的確なアプローチと参加者に寄り添うレッスンで、幅広い世代から支持されている。

photos by Sayaka Ono,Shoko Matsuhashi,Nobuhiro Miyoshi(RELATION),Kenji Yamada
hair&make-up by Rie Shioya Kyoko Suzuki
text by Megumi Nishijima Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.67掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

アラフィフ・ヨガ講師が実践!筋肉のコンディションを調整するヨガポーズ
アラフィフ・ヨガ講師が実践!筋肉のコンディションを調整するヨガポーズ
アラフィフ・ヨガ講師が実践!筋肉のコンディションを調整するヨガポーズ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する