ヨガを日常に取り入れるメリットとは|ヨガが毎日をちょっとハッピーにする理由

BIGSTOCK

ヨガを日常に取り入れるメリットとは|ヨガが毎日をちょっとハッピーにする理由

伊藤香奈
伊藤香奈
2019-03-19

仕事が忙しいと、ヨガに通う時間も削られてしまいますよね。それによって日々の小さな不調が積み重なり、やる気がない日々が続いてしまったり、週末は泥のように寝る...そんな生活を続けていませんか?1日5分でもいいので日常にヨガを取り入れて、あなたにとってのヨガを「通うもの」から「日常」に変えていきませんか?ヨガを日常にしていくメリットとは。

女性だからこそ、ヨガを日常に!

女性は、女性ホルモンの影響から、毎日同じ体調・同じ気分を保つことが難しいと言われています。さらにお天気や気温の変化などの外的要因もあり、自分の体調を常に良い状態にコントロールするのは簡単ではありません。日々を元気にハッピーに過ごすには、毎日の“微調整”がとても大切なのです。微調整に大切なのは、まず基本となる「食事・適度な運動・睡眠」であることは間違いありません。さらにヨガをプラスすることで、“微調整”の“微”の部分に効果があります。

ヨガで小さな変化に気づけるようになろう

ヨガのレッスンでは、足の先から頭頂まで、体の内側から手の先まで、体全体に細かく意識を巡らせます。これはヨガだけでなくマインドフルネスのトレーニングでも取り入れられている「ボディスキャン」と呼ばれるもので、自分の体の色々な部位に意識を向け、感じることができるようになる一種のトレーニングと思ってください。ボディスキャンを練習することで、体の細部の変化にも気づけるようになり、適切な対処も取りやすくなるでしょう。

例えば、漠然と「腰が痛い」と感じていると、腰回りの筋肉をほぐすポーズがいいのでは?と考えてしまいますが、「腰の上部から背骨まわり全体が痛いみたいだ」「〇〇筋あたりが張っているようだ」と体の細部まで感じることができれば、その腰痛の原因が実は臀部の張りから誘発されているものなのか、肩こりからきているものなのかといった原因が特定しやすくなり、より適切な対処法を選びやすくなります。「なんとなくだるい」「今日もやる気にならない」といった漠然とした不調も、ボディスキャンのトレーニングで不調の原因に気づきやすくなり、適切な対処を行え、不調を早く適切に回復させることができるでしょう。

ボディスキャンができたら、次は対処できるようになろう

上記のように日々感じるプチ不調に気づくセンサーが磨かれていくと、次は「こんな日はどうしたらいい?」「この不調にはどのポーズが合うだろう?」と、対処法を知りたくなるでしょう。そんな時は、ヨガジャーナルオンラインで検索してみたり、動画サイト等を活用するのもおすすめです。自分で自分のちょっとした不調に対処できるよう、知識をつけていきましょう。さらに、ヨガスタジオでインストラクターに相談するのもグッド。より専門的な知識を得られたり、インストラクター自身の経験も交えた話が聞けるなど、とても有益です。知らないことに気づくからこそもっと知りたくなる。試す。不調が良くなる。もっとヨガが日常になっていく。そんな好循環がどんどんと生まれていきます。

ちょっとした不調をコントロールできる女性になろう!

女性は誰でも、日々のちょっとした不調を抱えやすいもの。だからこそヨガを日常に取り入れて、(1)自分の体を知るボディスキャンができるようになる (2)プチ不調に対処できるようになる ふたつの“微調整”スキルを磨き、毎日を軽やかにハッピーに過ごせるようになりたいですよね。“微調整”の達人は、まさに“美調整”の達人ともいえるかもしれませんね!

 

ライター/伊藤香奈
2012年、全米ヨガアライアンス200時間を取得。新規ヨガイベントの立ち上げや新人講師発掘オーディションのプロデュース責任者等を歴任。800人以上のインストラクターと出会い、現在ヨガ雑誌やイベントの第一線で活躍するインストラクターを数多く育成、輩出する。2017年に、セミナー講師、ヨガインストラクター、ヨガワークライフコンサルタント、ヨガインストラクター向けキャリアアドバイスセミナー講師として独立。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する