腿裏・背中を柔軟にするコツも!「西側を強く伸ばすポーズ」を確実に効かせる3つの方法

Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

腿裏・背中を柔軟にするコツも!「西側を強く伸ばすポーズ」を確実に効かせる3つの方法

体の硬さが壁となり、苦手になりやすいポーズ「パスチモッターナーサナ」(西側を強く伸ばすポーズ)。硬さを克服する練習法からポーズの真の効果までを徹底的に解説! 理学療法士でヨガインストラクターの中村尚人先生に教えてもらいました

パスチモッターナーサナ(西側を強く伸ばすポーズ)とは

ポーズ名の由来は、伝統的なヨガにおける「日の出に合わせて練習する」という習慣において、太陽(東)に向かってこのポーズを行うと背中側(西)が伸びること。
パスチモ=西 ウッターナ=伸ばす アーサナ=ポーズ 西側を強く伸ばすポーズ

ポーズの効果

背骨全体を伸ばして背中、腿裏を柔軟にすること。脚を伸ばした状態で前屈することで背骨を伸ばし、背中全体の柔軟性を高めるポーズ。同時に、腿裏のハムストリングもゆるみます。

体が硬い人の場合...

背中や腿裏の筋肉が硬いと前屈が浅くなり、額と膝が離れてしまいます。

パスチモッターナーサナ
photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

Photos by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)
Text by Yasuko Ito/Minako Noguchi
ポーズ名の由来解説 小野洋輔先生
yoga Journal日本版Vol.59掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

長座
長座
手を後ろに押すz寝靴
パスチモッターナーサナ
パスチモッターナーサナ
パスチモッターナーサナ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する