「毎日ツライ…」心の中に溜まったドロドロした感情を手放すシンプルな方法

PIXTA

「毎日ツライ…」心の中に溜まったドロドロした感情を手放すシンプルな方法

伊藤香奈
伊藤香奈
2018-09-07

毎日続く残業。上司からのプレッシャー。職場の同僚と合わない…。「もう逃げ出したい!」感情が爆発寸前のあなた。なかなか現状を変えるのは難しいですよね。そんな時は、感情を流すことが大切。でも、見えない感情を流すってどうすればいいのでしょうか?

最悪な環境×自己嫌悪のスパイラル

仕事の量や職場の人間関係といった周りの状態が理想通りではないからといって、すぐに転職をしたり部署異動したり、環境を変えられるわけではないですよね。さらに、不満や悪口を言いたいわけじゃないのに「吐き出さなきゃやってられない!」と思いながらガールズトークに花を咲かせている自分も、本当は好きではないはず。ストレスを吐き出しながらも自己嫌悪を膨らませている…そんな「最悪な負のスパイラル」にはまっている人もたくさんいるのではないでしょうか。

感情はとにかく「流す」に限る

負の感情を表現する時、よく「ドロドロとした感情」という表現をします。そう「負の感情」って、ドロっとしていてなかなか流れづらく、泥のように重たく、心の中に張り付いてくるんです。だからこそ、まず大切なのは負の感情がドロドロと粘り気を持つ前に、こまめに「流す」こと。さらに、溜まってしまった感情も「とにかく流す!」を意識してみましょう。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する