【新年の胃休めメニュー】身体に浸透する甘み「コロコロかぶの重ね煮おかゆ」

Nao Yamada

【新年の胃休めメニュー】身体に浸透する甘み「コロコロかぶの重ね煮おかゆ」

山田直
山田直
2023-01-19

目にも体にも優しいごはん。そのレシピと、心地よく楽しんで作るためのヒントをご紹介します。

胃腸を温め風邪を予防するかぶ

かぶ
春の七草の中でもポピュラーなかぶ。日本書記に載るほど古くから親しまれている野菜です。

春の七草のひとつ「すずな」でもあるかぶ。

古来から胃腸を助ける効果があるとして、新年の食卓に欠かせないものでした。
ビタミンも豊富で風邪の予防にも最適。ほのかな甘味が、寒さで縮こまった身心をほっこりと緩めてくれます。

1月7日に七草を食べ損なった方も、かぶならいつでも簡単に手に入ります。できれば栄養も甘味もたっぷり詰まっている葉っぱごと、まるまるおかゆにするのがおすすめです。

今回は、香りと食感、旨味が上がるごぼう、えのきと一緒に簡単な重ね煮にして作りました。

薄くスライスして食べる調理法が多いですが、小さくコロコロとカットすると、とても味が馴染んで食べやすく食感もよく味わえます。

炊いたごはんを使って、いつでもお手軽にできるおかゆレシピです。

コロコロかぶの重ね煮おかゆ

おかゆ
かぶの甘さが味わえるおかゆ。食欲が無くても美味しくいただけます。

【重ね煮材料 4〜5人分】

・ごぼう………‥‥50g位(5mm 角切り)
・かぶ‥‥‥‥‥‥中2個 (200g位) (1cm 角切り)
・かぶの葉‥‥‥‥1〜2束 (ざく切り)
 (無ければねぎや小松菜など)
・えのき‥‥‥‥‥100g程 (ざく切り)
・差水‥‥‥‥‥‥1/2カップ
・塩少々

材料
コロコロした具材がおかゆによく馴染みます。

【おかゆ1人前分量】
・炊いたご飯‥‥‥100g位
・重ね煮‥‥‥‥‥100g位
・水‥‥‥‥‥‥‥1カップ強
・塩…………………少々

【作り方】

1. 最初に具となる重ね煮を作ります。
 小鍋かフライパン等に塩をひとつまみ振り、カットしたえのき→かぶの葉→かぶ
    →ごぼうの順に重ねたら上にも塩をひとつまみ振り、差水を鍋ふちから入れる。

重ね煮
重ね煮はフライパンなどで重ねて作っても大丈夫です。

2. フタをして火にかけ、差水が沸いてきたら弱火で10分ほど蒸し煮にします。

3. カブがしっとりとし、野菜ブイヨンが出てきたら出来上がり。保存容器に入れます。

ブイヨン
重ね煮で、かぶや野菜から美味しいブイヨンがたっぷり出てきます。

4. おかゆを作ります。
  鍋に水と炊いたご飯を入れて火をかけ、沸いたら弱火で7〜8分ほど、 時々かき混ぜながら煮ます。

5. トロっとしてきたら、できあがった重ね煮を旨味ブイヨンごとすくって入れ、1〜2分ほど煮込んで完成。シンプルに塩を振っていただきます。少しお醤油を
  差してもいいですね。

おかゆ2
炊いたご飯と重ね煮があれば、10分で胃に優しいおかゆに。

重さを感じたらいつでもおかゆを

残った重ね煮は冷蔵庫で4〜5日保存できますので、少し身体が重いな、胃を休めたいなと思った時に、さっと重ね煮を出して必要な分のおかゆを作ることができます。

簡単なファスティングがわりに、一食をこのおかゆに変えてもいいですね。春のデトックスに向けて、少しずつ身体に軽さを作り、整えていきましょう。

AUTHOR

山田直

山田直

ヨガ講師・自然食料理人。福岡県出身。写真学校卒業後、作家活動をしながら横浜でホテルサービス勤務。3.11の地震を契機に仕事を辞め、ヨガとマクロビオテックを学ぶ。後に、湘南のオーガニックレストランにてキッチンに入り、重ね煮と出会う。その野菜の美味しさ、味わいの違いに深く感動。学びを深める。現在は、東京、横浜、湘南エリアにてヨガ講師の仕事ヨガをメインに活動し、イベント、ワークショップにて、重ね煮やオーガニックの料理を伝えている。全米ヨガアライアンスRYT200認定ヨガ教師/クシマクロビオティックLevel2修了/ヒツジナヨガ主宰

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

かぶ
おかゆ
材料
重ね煮
ブイヨン
おかゆ2