バランスポーズ安定のカギは上半身!前かがみ姿勢に気づくための壁練習

Nobuhiro Miyosh( RELATION)

バランスポーズ安定のカギは上半身!前かがみ姿勢に気づくための壁練習

「真っすぐに立ちましょう」「姿勢をよく」と言われても、実際に自分が真っすぐ立てているかなんてわからないもの。けれど、姿勢が前かがみだったりすると、ポーズが安定せず、バランスポーズでグラグラしてしまうことも多々。立ち姿勢で片足を前方へ突き出す「足の親指をつかんで伸ばすポーズ(ウッティターハスタパーダングシュターサナ)」を例に、壁を使って姿勢を正す練習をしましょう。上半身が真っすぐだと、バランスが上手くとれますよ。レクチャーしてくれたのは、人気ヨガティーチャーの芥川舞子先生!

壁を目標にして上半身を真っすぐに

脚を伸ばすことだけに注力しがちですが、大切なのは上半身を前傾させず、体幹を意識すること。肩回りや腿裏が硬いとつい前傾しがちなのを、壁に背面をつけることで真っすぐにキープ!

A
壁を使ったウッティターハスタパーダングシュターサナ Photo by Nobuhiro Miyosh( RELATION)

HOW TO

1.壁に後頭部・肩甲骨・お尻・ふくらはぎの4ポイントをつけて立つ。右膝を上げ、両手で抱えて引き寄せる。

あ
Photo by Nobuhiro Miyosh( RELATION)

2.右手で右足の親指をつかむ。前方に向かって右膝を伸ばし、5呼吸キープ。上半身を引き上げ、壁につけた状態をキープして。逆脚も同様に。

あ
Photo by Nobuhiro Miyosh( RELATION)

POINT:脚を上げているときも、壁に背面の4ポイントをつける。お腹に力を入れると、安定感がUP!

上半身が前傾するのはNG

腿裏が硬くて脚が伸びにくかったり、肩回りが硬く猫背気味だと、上半身が前傾してしまう。ムリな姿勢は、ケガにもつながるので×。

あ
Photo by Nobuhiro Miyosh( RELATION)

これはOK

膝を伸ばして脚を上げられない場合は、膝を曲げたまま足の親指を手でつかみ、体に引き寄せる。上半身を引き上げ、壁につけて。

あ
Photo by Nobuhiro Miyosh( RELATION)

教えてくれたのは...芥川舞子先生

ヨガティーチャー・モデル。メディアに多数出演し、大型ヨガイベントの講師を務めるほか、大手スタジオのシニアティーチャーとしても活躍。少人数セミプライベートクラスのクリスタルクリア・ヨガアカデミーを主宰

Photos by Nobuhiro Miyosh( RELATION)
Hair & make-up by Manami Yaginuma( P-cott)
Text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.56掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

A
あ
あ
あ
あ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する