値段が付かなくても私がフリマアプリよりリサイクルショップに売る理由

Adobe Stock

値段が付かなくても私がフリマアプリよりリサイクルショップに売る理由

miyaco HSP 整理収納
miyaco
2022-04-03

春の新生活、引っ越しなどで断捨離する機会も増える時期。手放し方がいろいろある中で、値段が付かなくてもリサイクルショップを利用するメリットについてまとめました。

手っ取り早く一気に手放せるのが、リサイクルショップの最大のメリット

やはり、一気に家の不要物を手放せることが最大のメリットだと思います。

とにかく早く不要物を家から出したいのであれば、リサイクルショップを利用した方が確実です。

また、急な転勤による引っ越しなど、あまり日にちに余裕がない時に断捨離をする場合も、リサイクルショップなら即日で不要物を手放せます。

手放すことが目的か、売ることが目的か

私の場合ですが、不要物は早く手放すことを目的とすることが多いので、リサイクルショップを利用します。

先日もサイズが合わなくなったベビー服や頂いたけど使わなかったベビー用品、家電などをかなりの点数をまとめてリサイクルショップに持ち込みました。

そこでの買取金額は、数百円ほど…

「こんなに売ったのに、これだけなの⁉︎」

と、大抵の人ならそう思うような金額です。

しかし私はそれでも買取をお願いしました。

本来ならただ捨てるだけ、物によっては自治体に粗大ゴミとして出す際にお金がかかる。

それなら、もしかしたら次に使ってくれる人がいるかもしれないリサイクルショップに買い取ってもらった方が、罪悪感も少なく手放せます。

利用して感じた、フリマアプリのデメリット

過去に私も何度かフリマアプリを利用した経験があります。その時に率直に感じたのは、『とても手間がかかること』そして『確実に売れるわけではない』ということです。

・出品物の写真を撮る

・アプリで出品する

・買い手と値段交渉をする

・梱包をして発送する

というような作業が必須な上、売れるまではずっと家に残っている状態です。

そしてフリマアプリで販売した場合、販売手数料がかかるので(※フリマサイトによる)希望する金額から手数料を差し引いた分が売上となります。

そのような利用方法が自分には合わず、それ以来フリマアプリを利用していません。

断捨離
photo by Adobe Stock

「手放す」が目的ならリサイクルショップ、「売る」が目的ならフリマアプリを活用

とはいえ、フリマアプリに出品したり逆に買い物をすることが楽しくて活用している方もたくさんいます。

お店では手に入らないような物が売られていたり、出品したら思わぬ値が付くこともあります。特に急いで手放す必要がない場合は、確実にその物を探している方の手に渡した方が物も有効活用されます。

一方、値段よりもとにかく早く家から不要物を出してスッキリしたいなら、リサイクルショップの利用が有効です。

新生活に向けた断捨離、部屋を見直すのに良い機会です。長年使ってきた物、ずっと仕舞い込んでいた物、あなたなら、どの方法で手放しますか?

AUTHOR

miyaco HSP 整理収納

miyaco

HSP系整理収納アドバイザー(整理収納アドバイザー1級保有)。片付けと出会ったことで、数年に及ぶ"汚部屋"生活から卒業。「部屋と向き合うことは自分と向き合うこと」ということに気づき、整理収納アドバイザーに。自身がHSP気質であることから、HSP向けの整理収納アドバイスを行うほか、SNSでも発信。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

断捨離