【大掃除の参考に】着なくなった洋服どうしてる?不要な洋服に第2の命を与える3つの方法

Photo by Priscilla Du Preez on Unsplash

【大掃除の参考に】着なくなった洋服どうしてる?不要な洋服に第2の命を与える3つの方法

いよいと今年もあとわずか…大掃除を始めている人も多いかもしれませんね!ここ数年はミニマリストやこんまりメソッドが世界中で流行したこともあり、今年の大掃除はクローゼットの整理も入念にするという人もいるようです。クローゼットがスッキリするのは嬉しいですが着なくなった洋服はどのように手放していますか?今回は、不要となった洋服をサステナブルに手放す方法をご紹介します!

1. ゴミ分別をしっかりすればリサイクルできる

Sarah Brown
Photo by Sarah Brown on Unsplash

衣類をゴミ箱に捨てたらどうなるかご存知ですか?

残念ながら、ほとんどの国では衣類をリサイクルする仕組みがありません。多くのガラスやリサイクル可能なプラスチック容器は分別されベールに入れられ、再利用されます。しかし、ゴミ箱に捨てられた衣類は埋め立てられてしまいます。そのため、海外で不要となった洋服を無駄にしないための最善の選択肢は、ほとんどの場合、寄付するか、アップサイクルすることです。

一方、日本ではどうでしょうか。これは地方自治体により異なりますが、最近は自治体でも服を回収しているところが増えてきたようです。自治体のルールに従い、分別をしっかり守ることでリサイクルすることができるのです。では、自治体で回収された古着はどこにいくのでしょうか。

1. リサイクルショップで販売

回収された古着の中で状態が良いものは、リサイクルショップにて再販されるケースがあるそう。国内で回収を行う業者が集められた衣類を仕分けし、国内で再販されることで再度流通経路にのることになります。

2. 海外へ輸出

海外へ日本で使い古された衣類は海外へ輸出されるというこも。
日本の衣類は非常に品質が高いため、長年使用することができるとあり人気が高いのです。

主な輸出先は東南アジアが多い他、発展途上国への寄付としての輸出も行われています。

3. 工業用ウエスとして加工

どうしてももう一度着るのがが難しい状態の衣類の場合、工業用ウエスとして加工されます。
工業用ウエスとは、工場などで使用される機械のメンテナンスのために油をふき取ったりするための工業用に適した雑巾のことです。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

Sarah Brown
Larm Rmah
 Avatar of user Artificial Photography Artificial Photography @artificialphotography     Artificial
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する