まだ見ぬ未来に振り回されてない?やりたいことを見つけるための5つのアドバイス

Getty Images

まだ見ぬ未来に振り回されてない?やりたいことを見つけるための5つのアドバイス

KANA ITO
KANA ITO
2018-04-25

恋愛や結婚、ヨガにダイエットにと、毎日やることがたくさんある。だから「仕事は適当にお給料がもらえればいいの」そんなふうに思っていても、心のどこかで「本当にやりたいことって何だろう?」というモヤモヤを抱えていませんか?夢もない、これといって人に自慢できる特技もない…。仕事をガツガツとやりたいとは思っていないけど、どこか充実感を得たいと思っているのが本音なのではないでしょうか?

やりたいことを見つける必要って、あるの?

そもそも、「夢を持て!」「やりたいことって何?」という質問自体が、重たい~と感じる人も多いかもしれません。もちろん、やりたいことがなくっても大丈夫。ただ、あなたの中にちょっとでもモヤモヤがあるなら、ちゃんとそれに向き合ってほしい。

1年=365日のうち、一般企業に働く人であれば、245日(年間休日120日で計算)、つまり1年のうち67%は、仕事に通っていることになります。約7割! 働き盛りの20代、30代、40代であれば、その割合は8割に近いかもしれません。

それなのに、仕事=やりたいことではない、または仕事の中にやりたいことが見つからないって、今の生活時間のうち、8割はやりたくないことに侵されているということに。

今のまま、毎日を積み重ねてもいいの? もう一度、自分に聞いてみる時間を設けてみませんか。

やりたいことが見つからない理由って?

「何かモヤモヤしている…」「でも何がやりたい!というほどの熱量もない」と感じているのは、じつはあなただけではありません。特に女性は、ライフステージによって働き方を変えることが多く、「いくら頑張っても、結婚したらダメになるかも」「子育てに専念するなら、今の仕事は続けられない」等、未来への不安を抱えながら、今の仕事に取り組んでいるのも確か。そんな不確定な未来のために頑張るのが「無駄」になるかもしれないし、今考えても未来は「わからない」、と思うのも当然かもしれません。

つまり、色々と悩んでいると思いながらも、実際は、やりたいことを見つけることや、未来についてじっくり考えることに真正面から向き合っていないだけなんです。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する