骨盤を整えて薄いお腹に!骨盤にアプローチする4つのポーズ

Getty Images

骨盤を整えて薄いお腹に!骨盤にアプローチする4つのポーズ

骨盤が下がっていると、下腹部に脂肪がたまりやすくなります。効果的なのは、広がって下がった骨盤を閉じ、引き上げるポーズ。腹筋と大腿筋も同時に鍛えて、バランスのいい体を作りましょう!ボディアナリストで「骨盤メソッド」の考案者としても知られる立花みどりさんに教えてもらいました。

広がった骨盤を閉じ、引き上げてくれるヨガポーズ4つ

1.バラーサナ(子供のポーズ、バリエーション)

バラーサナ(子供のポーズ、バリエーション)
バラーサナ(子供のポーズ、バリエーション)/photo by Akihito Kubota (Rinasce)

仰向けになり、両膝を折り曲げて両手をのせる。両膝の間は軽くあけておく。息を吐きながら両膝を胸に近づけ、自然に呼吸。骨盤が縮められ、腹直筋が収縮しているのを意識して、ゆっくりと脚を戻す。

Model by Mami Sakurai
Photos by Akihito Kubota (Rinasce)
Text by Rie Nakajima
Hair & make-up by Hiroe Takada(HAPP's.)
yoga Journal日本版Vol.19掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

バラーサナ(子供のポーズ、バリエーション)
セツ・バンダ・サルヴァンガーサナ(橋のポーズ)
マツヤーサナ(魚のポーズ)
あ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する