ヨガがストレスやメンタルヘルスに効く理由って?|心の専門家・臨床心理士が解説

Adobe Stock

ヨガがストレスやメンタルヘルスに効く理由って?|心の専門家・臨床心理士が解説

南 舞
南 舞
2021-10-12

『ヨガはストレスやメンタルヘルスに効く』ということはヨガクラス、あるいはそれ以外の場所でも耳にする機会があると思います。では何が良いのか、その理由をあなたは知っていますか?ヨガインストラクターであり、臨床心理士である筆者の視点で、ヨガとストレスの関係を解説します。

ヨガがストレスにいい理由とは?

その①心の調子が偏りすぎた時に、ちょうど良いバランスに戻してくれる

ヨガを始めてから、『気持ちが穏やかにいれるようになった』『イライラすることが減った』といった体験をしている人は多いと思います。それは、ヨガをすることによって、ネガティブに偏りすぎず、かといってポジティブに偏りすぎない状態を維持できるようになるから。このことをホメオスタシス(恒常性)と呼びます。心が健康であるためには、感情の波が荒れ狂っていても、時間が経てば穏やかになるということが大切で、ホメオスタシスはそれに役立ちます。

その②自分を客観視し、内省するクセが身につく

ヨガのプロセスを通して、自分の心や身体を観察することを心理学ではセルフ・モニタリングと呼びます。そして、セルフ・モニタリングによる自分の思考や感情の観察によって、自分自身の体や心の繊細な変化に気づくようになります。例えば、『呼吸がしづらい、肩周りが凝っているからだ』→『肩周りが凝るのは何でだろう、緊張することが多いからだ』→『緊張することが多いのは何でだろう。きっとこういう考え方をしやすいからだ』というような自問自答していく結果、『自分に必要なものは何か』とか『自分に合うものはこれだ』というような、自分に対する気づきが増え、自分に対する扱い方が上手になっていくのです。

その③ストレスからの回復力、立ち直る力が高まる

日々の暮らしの中で、ストレスが全くない状態で暮らしていくのはなかなか難しいこと。時にはストレスによって落ち込んだり、イライラしても、そこから回復して立ち直っていく力、ストレスと上手に付き合っていく力が求められます。こういったストレスに対する耐性のことを【レジリエンス】と呼びます。継続的なヨガの練習により、心と身体のつながりが強まって、ストレス要因に対する感情反応の調節が上手になります。それによって、レジリエンスも高まると言われています。

AUTHOR

南 舞

南 舞

岩手県出身。多感な思春期時代に、臨床心理学の存在を知り、人の心に丁寧に寄り添っていくカウンセラーの仕事に憧れを抱く。臨床心理学、心理カウンセリングを学ぶために、大学院まで進み、「臨床心理士」資格を取得。現在は教育、企業にてカウンセラーとして活動中。ヨガとは学生時代にヨガスタジオの受付のアルバイトをしていた時に出会う。ヨガを始めたことで、身体が自由になっていく感覚に楽しさを感じたこと、周りと比べず自分と向き合っていくヨガの姿勢に、カウンセリングの考え方と近いものを感じ、ヨガ講師になることを決意。普段のクラスでは、呼吸と身体を繋げ、人と比べず、自分らしくいれるようなヨガの時間を提供できるよう心がけている。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する