【股関節が柔らかい人は老けにくい?】むくみ・疲れがたまりにくい体質になる!魔法の「股関節エクサ」

AdobeStock

【股関節が柔らかい人は老けにくい?】むくみ・疲れがたまりにくい体質になる!魔法の「股関節エクサ」

西畑亜美
西畑亜美
2021-07-28

いつの間にか股関節が硬くなってしまった。「年だから仕方ない」という声も多く聞かれます。しかし実際は、誰でもそして何歳からでも股関節の柔軟性を高めることができます。硬いまま放置していると、毎日のちょっとした動きに影響が出てきたり、また身体にさまざまな不調を招くとも言われています。そこで今回は股関節の柔軟性を高めることで得られるメリットや、ストレッチ動画などをご紹介します。

なぜ股関節が硬くなるのか?

関節の動く範囲は、日頃からどの程度の範囲で動かしているかによって決まっていきます。つまり日頃から小さな範囲でしか動かせていなければ、筋肉が硬くなって股関節の可動域が狭く(大きく動かなく)なるのです。

●長時間のデスクワーク

立っている姿勢・歩いている際の姿勢が悪い

座ったときに脚を組む

片足に体重をかけて立つ

上記の様な姿勢は、骨盤が不安定になるので股関節の動きへ影響を与える可能性が高くなると考えられます。

股関節が柔らかい人のメリット

  • 代謝がアップし太りにくい体質になる

股関節周辺には“リンパ節”があるため、股関節を柔らかく保つことで巡りがよくなり上半身と下半身の流れも整いやすくなるので、基礎代謝アップが期待できます。

  • 美脚・美尻効果が期待できる

骨盤が安定すると、重心の位置がずれにくくなります。そうすると、関節や筋肉に無理な負荷がかからなくなり、O脚やX脚のような脚のカタチの悩みが解決する可能性も。また使いたい筋肉も日常から使いやすい状態となり、引き締まった美脚はもちろん、ヒップアップ効果も期待できるでしょう。

  • 疲労が溜まりにくく、疲れにくくなる

股関節がスムーズに動くと、どんな体勢のときでも下半身が安定するので、上半身の動きも楽になるはず。無理に筋肉を強張らせることが少なくなるので、全身が軽くなり活動的に過ごせるでしょう。また巡りが良いと、全身に栄養も行き渡りやすいので疲労回復もしやすくなります。

  • 自律神経を整える

骨盤の周りにある筋肉には自律神経のセンサーがあります。骨盤がしっかり支えられていると、自律神経のバランスを良い状態に保つことができます。

  • むくみがスッキリ。冷え性改善にも

全身の巡りが良くなることで老廃物が排出され、むくみもスッキリすると考えられます。また下半身の血行が良くなることで血液が全身に巡りやすくなり冷え予防にもつながります。

  • 運動のパフォーマンス向上

股関節に限ったことではありませんが、関節の動きが悪いとフォームが崩れやすく運動の効果を感じにくくなる可能性があります。とくに股関節は、どんな動作にも大きく関係していることが多いため、スポーツやエクササイズをする上でも大切になってきます。また柔らかくして動きやすくしておくことで、ケガ予防にもなります。

股関節周辺のストレッチすべき筋肉とは?

●大腿四頭筋

前ももにある筋肉が大腿四頭筋ですが、走ったりするときに重要な筋肉。

大腿四頭筋
acイラスト

●ハムストリングス

ハムストリングスは太ももの裏にある筋肉ですが、足を後に動かす時に関係する筋肉。

ハムストリング
acイラスト

●内転筋

内転筋は太ももの部分にあり、足を閉じたりまっすぐな足にする時に重要な筋肉。骨盤を支える役割を持っているため、柔軟性がないと正しい姿勢を維持知ることもできません。

内転筋
acイラスト

●腸腰筋

腸腰筋は股関節の辺りにあり、背骨を支える役割を持っています。そのため、この筋肉に柔軟性がないと、正しい姿勢をキープすることができません。腰痛の原因にもなるため、腸腰筋は常に柔軟性を持っている必要があります。

腸腰筋
acイラスト

●大臀筋

臀部の表層にある大きな筋肉。直立姿勢の保持や歩行に重要な役割を果たします。

大臀筋
acイラスト

「老いは股関節からやってくる」といわれるほど、股関節は最大かつ重要な関節です。体重を支え、立つ、座る、歩くといった多くの基本動作のすべてに重要な役割を果たしています。上記の筋肉を含め、大切なインナーマッスル等、20以上の筋肉に支えられているので、股関節の動きの良し悪しは、身体の状態を表します。股関節を柔らかくして可動域を徐々に広げていけば、アンチエイジングにつながります。今回は初心者でも安心して行える、股関節の柔軟性を高めるヨガ動画をご紹介します。ポイントは、痛いところまで頑張る必要は無いので、左右左差は無いか?継続していくことによって変化していく柔軟性を体感しながら、毎日10分!是非行ってみて下さい。

 

 

AUTHOR

西畑亜美

西畑亜美

ヨガインストラクター 様々なヨガのスタイルを学び、筋膜リリースやピラティスのメゾットを合わせて、スタイルが気になる女性のボディメイクから柔軟性を高めたいプロスポーツ選手からも定評がある。 武蔵小杉&aヨガ主宰。オンラインサロン&a運営。 1000人規模のイベントでも講師担当。雑誌や動画メディア監修、モデル出演など活動の幅を広げる。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

大腿四頭筋
ハムストリング
内転筋
腸腰筋
大臀筋
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する