「イライラが日々蓄積されていく」自粛が続く中で怒りの感情を上手く緩和するための方法

Adobe Stock

「イライラが日々蓄積されていく」自粛が続く中で怒りの感情を上手く緩和するための方法

君嶋瑠里
君嶋瑠里
2021-06-17

ワクチン接種が始まって少しずつ明るい兆しが見え始めたものの、まだまだ自粛生活は続いています。様々なことが思うようにいかない状況の中、日々蓄積していくイライラをうまく発散できなかったり、それを他人にぶつけてしまって後悔したりはしていませんか?怒りの感情を我慢せず上手に緩和し、ストレスがない状態に導くための方法について紹介します。

広告

どういう時に怒りが起こる?

怒りの感情が起こる前には自分が負の感情を抱くきっかけとなった何かしらの理由があるものです。主にこういった理由から怒りが起こります。

・自分がないがしろにされたと感じた時
・自分の考えや意見が尊重されなかった時
・自分の思い通りに相手が行動してくれなかった時
・自分が否定されたと感じた時
・自分の行動を邪魔されたと感じた時
・相手から先に怒りの感情をぶつけられ、それに同調してしまった時

最近ではマスクをしていないだけで入店や利用を断られるようになりましたが、突然出てきたルールや秩序、考え方に翻弄され、意見の違いから人と衝突してしまうケースも多々見受けられるようになりました。客観的に見れば意見の相違だけですが、当人からすると自分が尊重されなかった、否定された、思ったとおりにしてくれなかったという負の感覚に陥ってしまい、怒りの感情を相手に抱き、結果として衝突してしまうのです。

広告

photos by Adobe Stock

AUTHOR

君嶋瑠里

君嶋瑠里

2017年、会社員の仕事で心身共に疲弊していた頃、インストラクターの友人の紹介がきっかけで知った綿本彰氏のスタジオを訪れ、師事する。パワーヨガ、ラージャヨガ、その他様々な瞑想法を学び、2018年、同氏の指導者養成講座を修了し、ヨガインストラクターに。日常に活かせるヨガをテーマに実践中。2018年、日本ヨーガ瞑想協会講師登録/2019年、全米ヨガアライアンスRYT200取得

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

思考
鏡
怒り
リラックス
バナナ