【たった10回で脚長効果絶大】垂れたお尻をキュッと引き上げる簡単スクワット

AdobeStock/canva

【たった10回で脚長効果絶大】垂れたお尻をキュッと引き上げる簡単スクワット

中村優希
中村優希
2021-06-10

誰もが憧れるスラッ引き締まった長い脚。骨格のせいにして諦めていませんか?お尻を鍛えると足が3センチも長くなる!?簡単スクワットをご紹介します!

お尻を引き上げる大臀筋

お尻の主な筋肉は大臀筋(だいでんきん)・中臀筋(ちゅうでんきん)・小臀筋(しょうでんきん)という3つの筋肉によって形成されています。大臀筋は3つの筋肉の中で一番大きな筋肉で、歩行時、階段を上がる時、走る時などに使われる筋肉で日常的に使用する筋肉です。最近歩く機会が減ってきている現代人は、大臀筋が弱くなっていると言われています。この大臀筋が弱くなると転びやすくなるなど‥日常生活にも影響するほど私たちにとって重要な筋肉なのです。

また大臀筋が弱くなると、お尻はどんんどん垂れ下がりのっぺりとした四角いお尻になってしまいます。日常的に歩く機会を増やしたり、積極的に階段を使うなどを心がけることも大切ですが、大臀筋を鍛えることでプリッとしたお尻が手に入るだけでなく様々な嬉しいメリットがあるのですよ。

大臀筋を鍛えるメリット

●脚が長くなる

お尻の筋肉で一番大きな大臀筋を鍛えることで引き締まったヒップラインが手に入ります!足とお尻の境目をくっきり作ってくれるので、後ろから見た時に脚が長く見える、お尻から足元までのシルエットが美しく見えるのです。実際に、目の錯覚によりお尻が1センチ上がると、脚が3〜5センチも長く見えると言われています!

●太りにくく痩せやすくな

大臀筋は体の中でも特に大きな筋肉の一つです。筋肉量が上がると基礎代謝もあがるため、体の大きな筋肉を鍛えることで効率良く代謝をあげることができるのです。代謝が上がるとエネルギー消費量が増え、太りにくく痩せやすい体作りに繋がります。

●脚が引き締まる

上半身と下半身をつなぐ重要な役割をしてくれる大臀筋を鍛えることで骨盤をサポートし安定させるため、インナーマッスルもしっかり使われます。インナーマッスルの一つである骨盤底筋群が使われることで連動している足の内側の筋肉である内転筋が引き締まり、スラっと脚も引き締まるのです。

脚長効果絶大!簡単スクワット

スクワットと聞くと続けるのが難しそうと感じる方多いかと思いますが、このスクワットは壁を使って行うため壁がサポートになりトレーニングが苦手な方にもお尻と脚にしっかり効かせることができるのでオススメです!

〈やり方〉

①まず踵を壁から30センチほど離したところに肩幅より少し広めの幅で立ちます。

②爪先と膝を斜め45度くらいにしお尻を壁につけて、状態は前傾姿勢になります。

※この時に背中は丸まらないように頭を斜め上に引き上げるように。

③息を吐きながらゆっくりお尻を膝の高さくらいまでダウン。10〜15回ほど繰り返しましょう。

※重心を踵に乗せるとより効きます

 

Instagram:yuki.nakamura.yoga

AUTHOR

中村優希

中村優希

幼少時代から新体操に打ち込み、大学時代には日本一のチームに所属。会社員時代にヨガと出逢い、その後ヨガインストラクターへ。主宰のオンラインレッスンや板橋のヨガ教室の他、プライベートヨガや企業ヨガ等の出張クラスも行いながら、大規模イベントの講師、ヨガ雑誌などの監修やポーズモデルを多数務めるなど多岐にわたる。長年新体操やヨガで培った経験から、美しい姿勢や柔軟性を高める体の使い方なども伝えている。"心身が整いほぐれるレッスン"効果を感じ分かりやすい!と人気を集めている。 Lani yoga主宰 https://www.laniyoga8.com

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する