「私が本当に欲しいものは手に入らない…」その諦め思考、自己犠牲が原因かも?臨床心理士に聞く対処法

Adobe Stock

「私が本当に欲しいものは手に入らない…」その諦め思考、自己犠牲が原因かも?臨床心理士に聞く対処法

石上友梨
石上友梨
2021-05-30

前回から自己犠牲への対処法についてお伝えしています。前回の記事では、まず「自己犠牲してしまう場面をリスト化してパターンに気づくこと」、そして、「自己犠牲のルーツを探すこと」「怒りや罪悪感の感情に気づくこと」をお話しました。パターンを変えるためには、自分自身が繰り返すパターンにしっかりと気づき、受け入れることが大切です。私たちは気づいていないもの、認めていないものは変えることができないからです。

自己犠牲的なパターンを持っている人の周りには、自分の欲求や要求を押し付ける人が集まりやすくなります。もしかしたら、なんでも思い通りにしようという、あなたの想いを大切にしない恋人ばかり選んでしまう人もいるでしょう。自己犠牲を繰り返すあまりに、自分が本当に欲しいものは手に入らないと諦めてしまっていませんか?私たちは本来、みんな平等に同じ権利を持っています。そして、私たちは、自ら変化する力があります。奇跡が起きて、全部解決することを望んでいても、それがいつになるのか分かりません。生きづらさを感じているのなら、自分の自己犠牲的なパターンに目を向け、変化するために自ら少しずつ取り組んでいきましょう。

自分の好きな物に気づく

今まで自分の欲求を抑えてきた方は、安全だと思えるところから少しずつ自分の気持ちに目を向けてみましょう。あなたは、どのような物や活動が好きでしょうか。嬉しさ、楽しさ、心地よさ、幸福や満足感など、自分の気持ちが動くのはどのような時でしょうか。はじめは上手に感じられないかもしれません。少しでも心が動くもの、少しでも「悪くない」と思える物を探してみましょう。例えば、好きな紅茶を飲む、好きな音楽を聴くなど、自分の想いを大切にした行動を取ってみましょう。

AUTHOR

石上友梨

石上友梨

臨床心理士/公認心理師 大学・大学院と心理学を学び、警視庁に入庁。職員のメンタルヘルス管理や、心理カウンセリング、スポーツ選手へのメンタルトレーニングなどを経験。ヨガや瞑想を本場で学ぶためインド・ネパールへ。全米ヨガアライアンス200取得。現在は認知行動療法をベースとした心理カウンセリング、セミナー講師、ライター、ヨガインストラクターなど、活動の幅を広げている。また、発達障害を支援する活動にも力を入れている。https://cbt-yoga.com

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する