老化のスピードは食事で変えられる!抗加齢食材アボカドとチキンの"食べる"トマトスープ

Kazuki Maruo

老化のスピードは食事で変えられる!抗加齢食材アボカドとチキンの"食べる"トマトスープ

圓尾和紀
圓尾和紀
2021-05-22

旬の食材、発酵食品…先人たちの知恵や工夫がたっぷり詰まった「和食」は、私たちを健やかな心身に導き、腸内の環境を改善することで健康やスリムな体形も叶えてくれます。食の欧米化が進んだ現代社会で、今こそ昔ながらの「和ごはん」に立ち返りませんか?一汁一菜でなくてもOK!手軽に日常の食卓に取り入れられる和風スープレシピを、管理栄養士の圓尾和紀さんが連載形式で教えてくれます。

年々気になるシミやたるみ、お化粧では隠せないしわなど、いつまでも美しくありたい女性なら誰もが抱える悩み。そんな悩みにはアンチエイジング食材を取り入れてからだの内側から対策していきましょう。

老化のスピードは食事で変えられる

いくつになっても肌や髪がツヤツヤしていて、若々しい方っていますよね。実は見た目を若々しく保つには、毎日の食べ物が大きく影響していることをご存知ですか?

老化の原因は主に、酸化と糖化にあります。油の高温調理や、時間が経った油の酸化によって体内に活性酸素が発生したり、糖質の摂りすぎや、焦げて香ばしいスイーツや加工肉類などは糖化の原因となるAGEが発生することでお肌のハリを保つコラーゲン線維の機能が低下し、しわやシミの原因にもなってしまいます。

酸化や糖化の原因となる食べ物の頻度を減らし、これらを防ぐ効果の高い食材を食べていきましょう。

アンチエイジングに効果的な食材

老化の速度を遅らせるには、上記でお伝えした活性酸素を抑えてくれる『抗酸化作用』の高い食材や、たんぱく質を摂ることがポイントです。
まさに、今回使用した食材はアンチエイジング食材!その効能をお伝えします。

アボカド

アボカドには抗酸化作用の高い若返りビタミンと呼ばれるビタミンEが豊富!お肌のハリを保つビタミンCや、脂質の代謝をサポートしてくれるビタミンB2、バナナ以上にカリウム・食物繊維が含まれているのでダイエット効果も期待できます。

トマト

トマトに豊富に含まれているリコピンは抗酸化作用が高く体内の老化を防ぎ、更に紫外線からお肌を守ってくれるお助け食材!生よりも加熱するこもでリコピンが吸収されやすくなるのでスープで摂取することがおすすめです。

鶏肉

美しい肌を保つには材料であるたんぱく質は欠かせません。
更に鶏肉に含まれるビタミンB6には、女性ホルモンであるエストロゲンの代謝にも関わるため、女性特有のお悩みに対しても強い味方になってくれます。

今回はそんな、アンチエイジング食材をふんだんに使用したから若返りスープをご紹介いたします。

材料(二人分)

鶏手羽元               5〜6本
トマトピューレ 150g
玉ねぎ     1/2個
アボカド    1/2個
にんにく    1片
だし汁     400cc
味噌      大さじ1
砂糖      小さじ1
塩       小さじ1/3

作り方


①玉ねぎはくし切りに、にんにくはすりおろす。
②鍋にだし汁とトマトピューレを入れ沸いたら、玉ねぎ、にんにく、鶏手羽元を入れてひと煮立ちさせ、砂糖と塩を入れて更にひと煮立ちさせる。

③火を止めて最後に味噌を溶き入れて味を整え器に持ったら、スプーンでくり抜いたアボカドを盛り付ける。

AUTHOR

圓尾和紀

圓尾和紀

株式会社ふること代表。管理栄養士、フードコーディネーター。“伝統食の良いところを現代に取り入れる“をコンセプトに活動している。著書『一日の終わりに地味だけど「ほっとする」食べ方』がワニブックスより発売中。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する