ミツロウラップを自宅で手作りする簡単な方法

ミツロウラップを自宅で手作りする簡単な方法

寺岡早織
寺岡早織
2020-11-11

ミツロウラップを目にしたことがありますか?自然素材を使っていて環境にも優しい、くり返し使えるラップです。エコへの意識が高まるにつれて、ハワイのスーパーなどでも目にするようになりましたが、実はおうちでかんたんに作ることができます!

蜜蝋(ミツロウ)って何?

蜜蝋(ミツロウ)とは、ミツバチ(働きバチ)が巣を作る時に蜂蜜を原料として体内で生成する蝋(ロウ)のことです。英語ではビーズワックス(beeswax)と呼ばれています。ミツバチには蝋腺(ろうせん)というロウを出す分泌腺があり、巣を作る時にここから天然成分のロウを出します。

ミツロウは床ワックス、ロウソク、クレヨンの材料として使われたり、保湿効果にすぐれているため、リップクリームやハンドクリームなどのコスメの材料にも使われたりします。また、外敵から巣を守ための天然の抗菌・殺菌作用もあり、また耐水性もあり巣を雨や水滴から守る役目もあります。

最近では、エコへの意識が高まるにつれて、このミツロウワックスを使って作られたラップが注目されるようになってきました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Earths Tribe | AUS ECO STORE(@earths_tribe)がシェアした投稿 - 2020年10月月5日午後10時13分PDT

 

どこで入手できるの?

自然食品のスーパーや雑貨屋さん、ネットショップなどでも手に入りますが、カンタンにそろえられる材料を使って自分の好きな柄の布地を選んで手作りするとさらに愛着が湧きそうです。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

Photo by Momoko
Photo by Momoko
Photo by Momoko
Photo by Momoko
Photo by Momoko
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する