相手の自信や可能性を取り戻すための方法【エンパワーメント】とは?臨床心理士が解説

Adobe Stock

相手の自信や可能性を取り戻すための方法【エンパワーメント】とは?臨床心理士が解説

南 舞
南 舞
2020-11-17

あなたの周りに、自信を失っていたり、サポートが必要だと思われる人はいますか?そんな時に活用できるのが【エンパワーメント】というスキル。実はカウンセリングの場面でも多く使われています。このスキルをどうしたら日常生活に取り入れられるかを、臨床心理士である筆者が解説します。

人へのサポートに欠かせない、エンパワーメントとは?

【エンパワーメント】とは、否定的な評価を受けるなどして生活力を失っている人に対して、無力感の克服、自身の問題の解決、生活をコントロールしていけるようになるためのサポートをすることを指します。言い換えるとその人らしく生きる、自分の持っている能力やスキルを自覚し、社会と関わる中で成長させていく」ために行うものです。1960年代にアメリカで黒人問題やジェンダーに関わるソーシャルワークの実践から生まれたのを機に、今ではコミュニティ心理学と呼ばれる分野の中で、重要なサポートの方法として注目されています。エンパワーメントの最大の特徴は、【個人の持つ能力を尊重する】ということ。もともとは、人それぞれに個性や能力、可能性を持っているものですが、社会的な制約によって発揮できていないという場合が多くあるのが現実。エンパワーメントをすることによって、自分に対する自信を取り戻したり、QOL(生活の質)が向上するという恩恵があることから、今では教育やビジネスなど幅広い領域で採用されるようになってきています。

エンパワーメントを日常生活に取り入れるには?

エンパワーメントは、もともとは福祉やカウンセリングの領域で援助者に求められてきた考え方ですが、実は日常生活でも取り入れることができます。今回はエンパワーメントによって相手の自信を取り戻すために必要な3つのスキルをご紹介しますね。

スキル1:聴く(傾聴する)

特に大切なスキルが【聴くこと】です。人は、自分の話を聴いてくれる人に対して心を開きやすいと言われています。聴く際に大事なのは、【自分よりも相手が主役である】【相手を理解しよう】という姿勢を持つこと。会話の中で、『どんなことアドバイスしようかな?』と、いつの間にか自分主体になっていませんか?アドバイスなどをすることよりも、『ただ相手の話に耳を傾け聴く』ということの方が、実は相手の心を満たすことができます。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

相手の自信や可能性を取り戻すための方法【エンパワーメント】とは?臨床心理士が解説
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する