「妊娠適齢期」や「妊娠と年齢の関係」正しく知っていますか?【不妊治療の現実】

getty images

「妊娠適齢期」や「妊娠と年齢の関係」正しく知っていますか?【不妊治療の現実】

妊娠や不妊について学んだ記憶はありますか? この連載では、不妊体験者を支援するNPO法人Fineスタッフ、また妊活ヨガセラピストとして活動するわたなべまさよさんが、妊娠を望んでいる人が知っておきたいこと、また不妊治療の現状を連載形式で綴っていきます。いつかお母さんになりたい人はきちんと知ってこれからのライフステージをデザインしてゆきましょう。

卵子は老化する「 卵子の年齢 = 自分の年齢 + 1歳 」

卵子は毎月フレッシュなものがつくられるのではありません。お母さんのお腹にいるときに一生分の卵子がつくられ、年齢+1歳が今あなたのお腹(卵巣)の中にいる卵子の年齢です。倉庫にある卵をイメージしてみると、20年ものと30年ものでは鮮度に違いがあることがイメージできるのではないでしょうか。

表1
厚労省HP「知っていますか? 男性のからだのこと、女性のからだのこと 〜健康で充実した人生のための基礎知識〜」より引用

20代~30代前半が出産適齢期で、ベストな年齢は25歳。35歳を過ぎると妊娠率は下がり反対に流産率は上がります。「35歳」はまだ「老い」という言葉のイメージには程遠いと思うのではないでしょうか。でも生殖機能にとっては男女ともにターニングポイントとなってくる年齢です。想像している以上に妊娠にとって年齢は大きく影響してくるのです。

表2
厚労省HP「知っていますか? 男性のからだのこと、女性のからだのこと 〜健康で充実した人生のための基礎知識〜」より引用

最終的に不妊治療をすれば大丈夫だろうとか、周囲の高齢出産を見て自分も何とかなるという考えは危険です。有名人の高齢出産がメディアに取り上げられるのはレアケースだから、ということも知っていただきたいなと思います。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

表1
表2
「妊娠適齢期」や「妊娠と年齢の関係」正しく知っていますか?【不妊治療の現実】
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する