汗で落ちてもキレイを保てる!元ヘアメイク&現ホットヨガ講師が教える#自己再生メイク

Getty Images

汗で落ちてもキレイを保てる!元ヘアメイク&現ホットヨガ講師が教える#自己再生メイク

yurina
yurina
2020-08-13

運動をすれば汗をかき、メイクもドロドロ。でもすっぴんで外に出るのは恥ずかしい…。夏のメイクの悩みである「メイク落ち」を解決する「自己再生メイク」をお伝えします。

油でできた化粧は脂で滲み落ちる

運動時のメイク、どうしていますか?

家の中や誰にも合わない環境で運動する際はノーメイクですることが多いかと思います。

メイクをオフしてから運動するのが一番楽ですが、ジムやヨガスタジオとなると、人の目も気になりますよね。

人によっては仕事帰りにヨガスタジオやジムに立ち寄ることもあるでしょうし、その中にはオフィスメイクをしたままという人もいらっしゃると思います。

しかし、運動をすれば油分でできた化粧が自分の皮脂と混ざり、メイクがドロドロ崩れ落ちていきます。

make
photo by Unsplash

私は現在、ホットヨガスタジオなどでヨガインストラクターをしています。

"先生"というのは人から見られる立場でもあるため、すっぴんで顔色が悪いとやる気がないようにも見られてしまいます。ですから多少は見た目には気を使わなければいけません。それがたとえホットヨガで汗だくになり、メイクが皆無になろうとも、レッスンの始めは活力いっぱいに魅せなければなりません。

ある日私はホットヨガの後に、とても血色がよくなり、肌つやがよくなっている自分の姿を見て気づきました。

「このメイクを運動前に再現すれば、運動後も変わらず美しくいられるのでは?」

元メイクアップアーティストで現ヨガインストラクターの筆者がオススメする、運動後もキレイでいられる#自己再生メイクを今日はお伝えしていきたいと思います。

ベースメイクは最低限にとどめる

まずはお顔の広い範囲を占めているベースメイクについて。こってり塗ったファンデーションが皮脂と混ざるとドロドロに崩れていくのに加え、雑菌も繁殖しやすくなるので、できるだけ最低限にとどめましょう。

base
photo by Unsplash

日焼け止め機能も兼ね備えた、肌の色をトーンアップをしてくれる下地だけをつけるのがおすすめ。顔のくすみがきになる時は、パープルの下地を使って透明感を出して。顔色が悪く見える方はピンクの下地を使うなど、カラーコントロールベースの活用もおすすめ。

また、運動後は汗をかいてお肌もツヤっとしてくるので、マット肌ではなく、始めからツヤ肌仕上げにしておきましょう。

自分の「血色」を活かして色を選ぶ

ノーメイクだと顔色が悪く見えてしまう。そんな悩みをお持ちの方は、運動後、もしくはお風呂上がりにご自身の頬と唇の色を見てみてください。きっと血の巡りがよくなって血色がよくなっていることでしょう。その色味をしっかり観察してください。オレンジ色に近いのか、ピンクなのか、赤色なのか、ベージュを帯びているのか。

リップやチークの色味の展開が豊富なように、人の血色も1人1人違います。じっくり観察して自身の血色を理解し、その「血色」をまとうようにしましょう。そうすれば運動をして汗をかいてメイクが崩れて色味を失っても、自分の血の巡りによって生まれた頬と唇の色が現れるため、リップやチークが落ちても不自然ではありません。運動前も運動後も大きく変化なくいられるということです。

マスカラやアイラインなしでも目元を強調する方法

アイメイクは黒色のもの(アイライナー、マスカラ)は避け、肌馴染みの良いベージュで陰影をつける程度にしましょう。目元に黒を使わないと締まりがないと不安になる人もいるかもしれませんが、黒を使わない代わりに、自身の「まつ毛」に気合いを入れてみてください。まつ毛が上がることで目元の毛量密度が高くなるため、自然とアイライナーのように目元を引き締めてくれる効果も期待できます。

eyelash
photo by Unsplash

アイメイクは存分に手を抜いていただいて良いのですが、まつ毛だけは、気合いを入れて上げていきましょう!

メイクが落ちてもキレイな私をキープしよう

この自己再生メイクは、運動後だけではなく、夏に使えるメイクテクニックだと思います。「汗でメイクが落ちてしまう」とお悩みの方、ぜひ試してみて!

ライター/yurina
美容専門学校を卒業後、カナダの美容専門学校へ留学。カナダ滞在中にメイクアップアーティストとしても活動。 自身の肌が弱いことからオーガニックコスメに魅了され、帰国後オーガニックコスメのセレクトショップで働きながら化粧品成分、オーガニックコスメについて学ぶ。オーガニックライフを送る中で、自分の生き方とヨガが通ずるものがあると感じ、ヨガインストラクターの資格を取得。フリーのヨガインストラクターとして現在名古屋・岐阜を中心に活動中。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

make
base
eyelash
汗で落ちてもキレイを保てる!元ヘアメイク&現ホットヨガ講師が教える#自己再生メイク
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する