なぜお酒を飲みたくなるの?今こそ考えたい新しい「アルコールとの付き合い方」#やめられない理由

Getty Images

なぜお酒を飲みたくなるの?今こそ考えたい新しい「アルコールとの付き合い方」#やめられない理由

飲酒の機会が多く、TVでも頻繁にアルコールのCMを見かける昨今ですが、モクテルや低アルコール度数飲料のバリエーション増加もあり、アルコールに「適切な距離」を取る人も増えているようです。

女性にも身近になったアルコール

日本で一般市民の日常的な飲酒行動が始まったのは江戸時代頃からで、それまでは神事や儀式のためのものという色合いが強いものでした。昭和初期頃まで「お酒」と言えば清酒(日本酒)の事を指し、少しずつビールやワインなどの消費が伸び始めたのは戦後からです。現在では、多種多様なお酒が低価格でコンビニや自動販売機など至るところで手軽に購入できます。

日本のアルコール市場は1996年以降縮小してきており、主な飲み手である男性全体の飲酒習慣率は低下傾向です。しかし、女性はわずかながら上昇しており、厚生労働省の調査(2016年)では40代〜50代の女性の飲酒習慣率が20代の男性よりも高いということがわかりました。飲酒習慣の男女差が小さくなってきており、女性をターゲットにしたアルコールのCMも増えています。

アルコール市場では現在、高アルコール度数飲料と低アルコール度数飲料との二極化が起こっているそうです。いわゆる「ストロング系」と言われるアルコール度数が高い飲料は「手っ取り早く安く酔える」などの口コミで広がりましたが、深刻な健康被害や依存症になる危険性があると言われています。低アルコール度数飲料は健康志向の強い人やアルコールがあまり得意でない人でも飲めるということで人気を博しています。

カロリーが気になるという人には、糖質のない蒸留酒(ジン・ウィスキー・焼酎など)や、糖質0を謳ったアルコール飲料が選ばれています。また、従来のようなジュースやシロップで作るカクテルではなく、新鮮な果物、野菜、野草、スパイスなどを使う、ロンドン発祥のミクソロジー(mixology)カクテルも自然派志向の人を中心に人気が出始めているようです。

「ソブラエティ」という新しいムーブメント

これまで「お酒を飲まない」と言うと、主には体質的に飲めない人か、これまで飲んでいた人が「断酒」していることを指していました。大江健三郎の小説『万延元年のフットボール』(1988年)のセリフの中に「人生はしらふでやってゆかなければだめだ」という言葉が出てきますが、アルコール問題を抱える人の周辺において「しらふ」という言葉は、非常に重々しい覚悟を喚起させるものだったと思います。

しかし最近では依存症が回復可能な病気であるという認知が広がり、アメリカやヨーロッパでは病気から回復してTVや映画に復帰する俳優や歌手、スポーツ選手たちが「ソブラエティ(Sobriety:酔っていない・しらふ)」という言葉をメディアの前で使うこともあり、イメージもだいぶ変わってきてきました。

酒浸りの自暴自棄で自堕落な生活や酩酊状態における心理などを描くことの多かった小説家の町田康が、自らが体験した禁酒の効果や実態を『しらふで生きる 大酒飲みの決断(2019年)』の中で諧謔味を交えがら書いたことも、これまでの「小説家=タバコの煙の中で酒浸り」というイメージを大きく変えたと思います。

このような流れの中で、アメリカやヨーロッパのZ世代を中心に、元々それほど飲酒していなかった人たちが「敢えて」断酒を選択するという「ソーバーキュリアス(Sober Curious:しらふであることに好奇心を持つ)」という現象も見られ始めています。アルコールを一切提供しないノンアルコールバーや、モクテル(ノンアルコールカクテル)のメニューが豊富なレストランやバーが増えていることもそれを後押ししており、日本でも、東京をはじめ各所で盛り上がりを見せ始めています。

お酒を「飲まない人」「飲めない人」「飲みたい人」それぞれを尊重するようなお店選びをすることで、みんなが楽しめるといいですよね!

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する