太らない食べ方とは|消化・エネルギーを高める食材の割合と食品リスト

Getty Images

太らない食べ方とは|消化・エネルギーを高める食材の割合と食品リスト

キャベツ、バナナ…特定の食べ物だけを取り入れるダイエットは、もう終わり。いつまでも健康的な体を目指すなら、食べ物ではなく「食べ方」を改善していく必要があります。そこで提案したいのが、世界三大医学の一つ「アーユルヴェーダ」。インドの美容法としても知られていますが、本来は体内のバランスを整え、健康的な体へ導くための医療法なのです。何千人もの健康を取り戻し、依存症や摂食障害、自律神経失調症をはじめとする数々の問題を克服するのを支えてきたマイラ・リューイン氏が、アーユルヴェーダに乗っ取った「食べ方」をご紹介します。

アグニって聞いたことある?

食べ方を考えていく上で重要なのが、アーユルヴェーダの最も重要な概念の1つ「アグニ」。アグニとは、私たちが摂取したものを何でも、体、心、魂のために変換させることができるエネルギーのこと。アグニが上手く機能していない時は不調となって体に表れ、バランスがとれている時は生きるエネルギーが漲ります。アグニをケアすることは、健康と幸福のためにできる最も大切なことの一つです。     

アグニがうまく機能していない状態

疲れ、重さ、膨満感またはガスっぽさ、肌荒れや、思考力の低下

アグニのバランスが取れていると状態

強いエネルギー、健康な肌、目の輝き、人生への熱意を感じる

アグニを強く保つには60:40の割合がベスト

アグニを強く保つには、バランスの取れた食事をすること。アーユルヴェーダでは、60%のオーグメンティングな食品と40%のエクストラクティブな食品がバランスの取れた食事であると考えられています。筆者はそれを、Hale Puleヘルシーボウルと呼んでいます。オーグメンティングな食品とエクストラクティブな食品は、身近なもので簡単に取り入れることができます。

a
balance agni

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

a
あ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する