名医ディネッシュに聞く!夏に老廃物をためない体をつくるには?

Shoko Matsuhashi

名医ディネッシュに聞く!夏に老廃物をためない体をつくるには?

アーユルヴェーダの本場スリランカで活躍する名医ディネッシュ・エディリシンハ先生と、本誌『ヨガジャーナル日本版』でもお馴染みの人気ヨガティーチャー鈴木伸枝先生が、アーユルヴェーダの本質や活用法をわかりやすくアドバイス。2回目は、夏に老廃物をためない体をつくるための方法をご紹介します。

老廃物がたまる原因は、夏の暑さによるホルモンバランスの乱れ

伸枝先生(以下、伸枝):気温の高い夏は、冷たい飲み物や食べ物をとる機会が増え、体に老廃物がたまりやすいように感じます。

Dr.ディネッシュ・エディリシンハ(以下、Dr.ディネッシュ):そうですね。夏は、体に老廃物がたまりやすい季節といえます。老廃物が、なぜたまるのか、体のメカニズムから説明しましょう。気温が高くなると、暑さでホルモンのバランスが乱れ、偏食傾向が強くなります。そのため、冷たいものや甘いもの、辛いものやオイリーなものなど内臓に負担がかかる、体にあまりよくないものが欲しくなるようになります。そして、それらを食べすぎたり、飲みすぎたりすることで、肝臓の濾過機能が追いつかなくなり、肝臓で濾過しきれなかった不要なもの=老廃物が体内に残り、蓄積されていくのです。

夏の暑さでホルモンバランスが乱れている状態を、アーユルヴェーダでは、エネルギーを表す「ドーシャ」のうち「カッパ」の性質が強いと考えます。「カッパ」には、体の動きや働きをスローになる、停滞しやすくするという性質があり、体に老廃物がたまりやすくなったり、太りやすくなったりします。

伸枝:ホルモンバランスの乱れが、ドーシャのカッパの性質を強めているのですね。夏に起こる体の悪循環がよくわかりました。

名医ディネッシュに聞く!夏に老廃物をためない体をつくるには?
photo by Shoko Matsuhashi

photos by Shoko Matsuhashi
text by Minako Noguchi

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

名医ディネッシュに聞く!夏に老廃物をためない体をつくるには?
名医ディネッシュに聞く!夏に老廃物をためない体をつくるには?
名医ディネッシュに聞く!夏に老廃物をためない体をつくるには?
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する