側屈ポーズで学ぶヨガ腹筋の育て方|背骨のラインを崩さずポーズするコツ

Shoko Matsuhashi

側屈ポーズで学ぶヨガ腹筋の育て方|背骨のラインを崩さずポーズするコツ

ポーズを正しく行ううえで腹筋は不可欠。そこで、ヨガに役立つ腹筋の育て方を柳本先生に教えていただきました。基本ポーズを通して、お腹=ヨガ腹筋の使い方をマスターしましょう!

アライメントを崩さないためにゆるめて育てる

文字どおりシックスパックの腹筋を持つ和也先生は、意外にもゆるめて育てる方法を提案。「腹筋が強い人ほど、ポーズをとるときに腹筋に頼りすぎる傾向があり、背骨のアライメントを崩してしまいがちです。腹筋は必要最小限の力で使うことがポイント。それには、お腹の意識を『腹筋群』という広範囲から、『おへその奥下の1点』(丹田) に変えることが大切です。腹筋を極力ゆるめて使うことで骨盤底筋のような大事なほかの筋肉が目覚め、ポーズ上達につながります」

ゆるめて育てるプレワーク

1. 背骨のラインを崩さず側屈する練習

背面を壁につけておくと、背骨のアライメントを保った正しい側屈が身に付きます。背面が壁から離れない範囲で行いましょう。

HOW TO

1.両肩・骨盤、右足のかかとを壁につける。左足は半歩手前に。

腹筋 背骨 側屈
Photo by Shoko Matsuhashi

2.壁につけた部分が離れないように左へ側屈。

腹筋 背骨 側屈
Photo by Shoko Matsuhashi

3.壁から離れないところで5呼吸。反対側も。

腹筋 背骨 側屈
Photo by Shoko Matsuhashi

2. サイドプランクで体側の動きを良くする

体側を伸ばすポーズの前には体側を柔軟にしておくことも大切。サイドプランクで床側の体側を収縮させ、反対側をゆるめましょう。

HOW TO

腰が落ちない範囲で1〜5呼吸。 反対側も。

サイドプランク
Photo by Shoko Matsuhashi

ウッティタートリコナーサナ:腹筋は最小限で背と腹のバランスを保とう

上半身を支えるために腹筋に力を入れすぎると、背中が丸まりアライメントが崩れます。まずは背骨が伸びていることを優先し、お腹側と背中側のバランスに集中しましょう。

HOW TO

1. 手脚を真横に広げ、左膝とつま先は外向き。骨盤が左に傾かないようにおへそを正面に向ける。

トリコナーサナ(三角のポーズ)
Photo by Shoko Matsuhashi

2. 左手を上げて体を倒す準備。背骨のアライメントが真っすぐになっていることを確認。

トリコナーサナ(三角のポーズ)
Photo by Shoko Matsuhashi

3. 真っすぐ伸びた背骨を保ったまま、お腹を薄く伸ばすようにして左の股関節から曲げる。

トリコナーサナ(三角のポーズ)
Photo by Shoko Matsuhashi

4. 薄いお腹を意識して、背骨の自然なカーブを保ったまま体を倒す。頭を尾骨より下げないように注意。反対側も同様に行う。

トリコナーサナ(三角のポーズ)
Photo by Shoko Matsuhashi

お腹が正しく使えていないと、首や背骨に負担がかかる

背筋と腹筋のバランスが悪いと背骨のアライメントが崩れ、首や背骨に負担がかかる。

トリコナーサナ(三角のポーズ)
Photo by Shoko Matsuhashi

教えてくれたのは…柳本和也先生
ヨガ講師、udaya yoga studio主宰。バリ島でヨガに出会い、アシュタンガヨガの権威ケン・ハラクマ先生に師事。アシュタンガヨガのほかに、オリジナルメソッド、アサナマンダラも指導。

Photos by Shoko Matsuhashi
Text by Yasuko Ito
yoga Journal日本版Vol.63掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

腹筋 背骨 側屈
腹筋 背骨 側屈
腹筋 背骨 側屈
サイドプランク
トリコナーサナ(三角のポーズ)
トリコナーサナ(三角のポーズ)
トリコナーサナ(三角のポーズ)
トリコナーサナ(三角のポーズ)
トリコナーサナ(三角のポーズ)
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する