【ヨガと筋肉の疑問】ストレッチはやった方がいい?人気ヨガ講師の答えとは

photo by Shoko Matsuhashi

【ヨガと筋肉の疑問】ストレッチはやった方がいい?人気ヨガ講師の答えとは

健康のため、スポーツのために必要な「筋肉」だけれど、ヨガにはどれほど大切なの? 読者から寄せられたヨガと筋肉にまつわる素朴な疑問を、佐藤ゴウ先生にぶつけてみました! 今回のテーマは、「筋肉とストレッチ」。

Q:ストレッチはやった方がいい?

A:使った部位ごとに、伸ばして筋肉をほぐしましょう。上腕三頭筋、三角筋、上腕二頭筋、大腿四頭筋、腹直筋、ハムストリング、腹斜筋のストレッチ方法をご紹介します。

 

上腕三頭筋には…二の腕のストレッチ

アップドッグの場合

アップドッグのように腕を伸ばし上腕三頭筋を使うポーズの後は、肘をつかんで後ろに引く二の腕のストレッチでリセット。

1
アップドッグ/photo by Shoko Matsuhashi
2
二の腕のストレッチ/photo by Shoko Matsuhashi

三角筋にはガルーダーサナのアレンジ

ウールドゥヴァダヌーラーサナの場合

腕を伸ばし体重を支えるポーズでは、肩の三角筋が働きます。ワシのポーズのように肩を伸ばすストレッチがおすすめ。

1
ウールドゥヴァダヌーラーサナ/photo by Shoko Matsuhashi
2
ガルーダーサナのアレンジ/photo by Shoko Matsuhashi

Photos by Shoko Matsuhashi
Text by Yasuko Ito
yoga Journal日本版Vol.60掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

1
2
1
2
1
2
1
2
1
2
1
2
1
2
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する