風邪の予防にも!ヨガの浄化法シャットカルマ「ネティ」のススメ

Getty Images

風邪の予防にも!ヨガの浄化法シャットカルマ「ネティ」のススメ

REIKO SUDOU
REIKO SUDOU
2018-11-10

ヨガのポーズをとる練習には、健康的な身体と心を作るだけでなく、エネルギーの流れをスムーズにするという目的があります。同様に呼吸法も重要なメソッドですが、それ以外にもシャットカルマといわれる浄化法が存在します。シャットカルマとはどんなことでしょうか?その中のひとつ、ネティ(鼻うがい)のやり方を紹介しましょう。

シャットカルマとは

シャットとは「6」カルマとは「行為」のこと。シャットカルマとは、口の中、消化器系、その他身体の中に溜まった老廃物や滞りをなくしエネルギーの流れをよくするための6つの浄化法のことです。現在、最もポピュラーなヨガの元となっているハタヨガの教典の中で、シャットカルマが取り上げられています。今回紹介するネティ(鼻うがい)は6つの浄化法の中の一つです。

用意するもの

ネティポット
(Photo by Getty Images)

・ネティポット(鼻うがい用の小さな水差しのようなもの。ネットでも購入可)
・ぬるま湯
・天然塩(250mlに小さじ半分ぐらいが目安)

HOW TO 

①ぬるま湯で食塩水を作りネティポットに入れる。
②一方の鼻にネティポットの先端を差込み、前かがみになり顔をすこしずつ反対側に傾ける。食塩水が自然に鼻に入ってくるので、ゆっくり口呼吸をくりかえす。
※洗面所や浴室で行い、息を吐きながら「あー」と声出すと比較的楽にできます。
③ポットを差し込んだ反対側の鼻から水が出てくるので、自然に流れ出るまで待つ。
④もう一方の鼻も同様に行う。
⑤両方終わったら頭を下に向け鼻腔内に残った水を出す。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ネティポット
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する