まさにヨガ的野菜!生産者に聞いた「炭素循環農法」で作られた野菜の魅力とは

Getty Images

まさにヨガ的野菜!生産者に聞いた「炭素循環農法」で作られた野菜の魅力とは

伊藤香奈
伊藤香奈
2018-09-16

「炭素循環農法」とは、作物を育てる考え方のひとつ。最近、テレビでも取り上げられブームとして広がりつつあります。「わたしたちの体は、食べたものでできている」と言われているように、「食」というものは私たちには欠かせない存在。しかしながら、食品を選ぶという行為にまでは意識を向けられていない人がほとんどなのではないでしょうか。地球にも人間にもやさしいと言われている、炭素循環農法で作られたお野菜の魅力。神奈川県平塚市で炭素循環農法で野菜を作っている「株式会社いかす」の白土卓志さんに、詳しくお話を伺いました。

まず現実を知ろう!あなたが食べている野菜について

白土さん:始めにお伝えしますが、私は「良い・悪い」ということではなく、まずは知識を持ってほしいと思っています。そこからまず、お話しさせていただきますね。いま、皆さんが手にしている野菜の99.4%は、農薬を使っています。これを慣行栽培といいます。残りの0.6%のほとんどは、農薬・化学肥料を使わないで育てられているもの、いわゆる有機栽培です。そして、炭素循環農法や一部の農家さんでは、自然農法と呼ばれる肥料を使わない農法で野菜を作っています。野菜の作り方は、大きく分けるとこの3つになります。
一般的には、農薬を使うか・使わないかをとても気にする人が多いですが、農家目線でいうと、農薬ではなく「肥料をまくかまかないか」が大きな違いなんです。なぜかというと、虫はチッソ肥料が大好物だから。畑に過剰にチッソ肥料を使うと虫が寄ってきます。その虫を寄せつかないために農薬をまき、虫を退治しているんですね。畑に養分があれば、肥料を使う必要がなく、肥料を使う必要がなければ農薬も必要がない。さらに、野菜と人間の体は一緒で、野菜がすごい弱っているとか肥料や農薬の栄養過多でメタボだったりとかバランスが悪いと、虫や菌に野菜がやられてしまうのです。「体が弱っていると風邪をひきやすい」とか「メタボだと病気になりやすい」というのとまったく同じなんです。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する