【丸めるだけ】お腹痩せしたいけど激しい運動は無理!というあなたに勧めたい「お腹凹ませポーズ」

Adobe Stock

【丸めるだけ】お腹痩せしたいけど激しい運動は無理!というあなたに勧めたい「お腹凹ませポーズ」

「たるんだお腹を何とかしたい!でも腹筋100回とか、考えただけで無理…」そんな方に朗報です!背中を丸めるだけの簡単な動きでも、お腹痩せは可能です。ポイントを押さえてしっかりお腹に効かせていきましょう。

広告

ハードな腹筋運動のデメリットとは?

“お腹痩せ”と聞くと一番に思いつくのは、仰向けで行う腹筋運動(クランチ)ではないでしょうか?クランチは確かにお腹の筋肉を働かせることができる動きですが、実はデメリットもあるのです。

クランチ
ハードな腹筋のデメリットとは…? illustration by 写真AC

×首が太くなる

クランチを行う時は、しっかりとお腹に意識を向けて行う必要があります。よく起こりがちなミスは、「とにかく体を起こす!」という“見た目“が目的になってしまうこと。すると腹筋が弱い人は、首の筋肉を使って何とか起き上がろうとし始めます。お腹が引き締まるどころか首が太くなってしまうなんて、悲しいですよね…。

首
鍛えたかったのは首じゃないのに…。 illustration by 写真AC

×尿漏れのリスク

クランチの動きは、お腹にかなり強い圧がかかります。この時、骨盤下にある筋肉『骨盤底筋(こつばんていきん)』の働きが弱いと、圧が骨盤底筋の方に逃げようとします。つまり腹筋をする度に内臓が骨盤下に向かって押され、ついには尿漏れを引き起こしてしまうことも考えられます。特に産後のママは要注意ですよ!

尿もれ
腹筋が尿もれの原因に?! illustration by 写真AC

×インナーマッスルが鍛えられない

クランチは、上体を重力に逆らって持ち上げていく力強い運動です。それを100回やる!となったら、ある程度勢いで動いていくことになります。重力という負荷をかけながら素早く動いていくことで体の表層肉(アウターマッスル)は鍛えられるかもしれません。けれどしなやかに女性らしくお腹痩せするには体の深層筋(インナーマッスル)が重要なのです。

ウエスト
しなやかなウエストに必要なのはインナーマッスル! illustration by 写真AC

背中を丸めるだけ!お腹痩せを叶える夢ポーズ

お腹のインナーマッスルを働かせる簡単なポーズをご紹介します。お腹の筋肉を意識しながら、深い呼吸と一緒にじわじわと動いていきましょう。

やり方

1.よつんばいになる

よつんばい
肩の下に手首/お尻の下に膝

2.息を吐く時:膝を浮かせて背中を丸める

丸める
ポイント:みぞおちを背中側へ押し上げる/お尻を下げる

3.息を吸う時:膝を下ろして平らな背中に戻る

▼動きを動画でチェック▼

 

広告

AUTHOR

のぐちかなこ

のぐちかなこ

専業主婦からヨガ講師へ。大手ヨガスクールにて全米ヨガアライアンスの講義 (RYT200/RPYT85)及びヨガレッスンを年間1,000時間以上担当。2018年に独立し〈あんどYOGA〉を立ち上げる。現在もヨガインストラクターの養成に携わりながら、特に産前産後に関するヨガや新米ヨガインストラクターサポートに力を注いでいる。オンライン講座も多数開催中。プライベートでは三姉妹の母。あだ名はかーちゃん。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

クランチ
首
尿もれ
ウエスト
よつんばい
丸める