穏やかな更年期への移行するための3つの食生活のヒント【アーユルヴェーダに学ぶ】

Adobe Stock

穏やかな更年期への移行するための3つの食生活のヒント【アーユルヴェーダに学ぶ】

何千人もの健康を取り戻し、依存症や摂食障害、自律神経失調症をはじめとする数々の問題を克服するのを支えてきたマイラ・リューイン氏。強さと健康を維持するために心がけるべきことについて教えてくれました。

更年期は、人生における自然な流れです。けれども、私たち女性は、それを恐れるようになっています。それは単に、加齢を示しているからではありません。むしろ、女性たちが体重増加、ほてり、膣の乾燥、性欲減退、不安、睡眠障害などの不快な症状を経験しているためです。実際、更年期の症状は非常に一般的であるため、医学界は、閉経に至るまで、つまり閉経前後期のゆらぎの時期を表す新しい用語として、定義されるようになりました。更年期と閉経前後期に関連する症状は、ドーシャの乱れと消化不良の結果であると考えられ、主に不健康な食生活とライフスタイルの選択に起因しています。

更年期の不調を招くと考えられる3つの原因

1.ニンニク、玉ねぎ、唐辛子などの辛くてスパイシーな食べ物、発酵食品、塩分の過剰摂取はすべて、消化の障害や体の過剰な熱を引き起こします。

2.多くのことをやり過ぎる。
私のクライアントの多くは、何事もやり過ぎる傾向にあります。つまり、彼らは常に1日中動き回っていて考えすぎています。これは睡眠を妨げ、結果として十分な休息が取れないと、不安や倦怠感を引き起こし、コーヒー、お茶、チョコレートなどの刺激物に手を伸ばす原因となりますが、これはさらに神経系を消耗させてしまいます。

3. 不健康な食習慣による悪影響が、体内に蓄積されると体重増加を招き、栄養が適切に処理されずにエネルギーレベルが低下します。

穏やかな更年期への移行を体験するための3つの食生活のヒント

1. 食べる前に感謝の言葉を唱えて、食べ物と食事のプロセスに敬意を払いましょう。食べ物を飲み込む前に固形物がなくなるまで十分によく噛みます。

2. 最適な消化を手にするために、間食や料理を作るときに味見をするのをやめて、規則正しく1日3食きちんと食べましょう。

3. 最高の休息と癒しのために、夜は午後10時までに寝て、朝は午前6時までに起きて、1日を通して満ち足りたエネルギーを感じましょう。

更年期は、私たちが可能な限り心から自分の人生を生きて、ゆっくりと人生のプロセスを楽しむときに穏やかで優雅に迎えることができます。

AUTHOR

マイラ・リューイン

マイラ・リューイン

アーユルヴェーダとヨガを30年以上学び実践する。何千人ものクライアントが本来の自然なバランスのとれた健康を取り戻し、依存症や摂食障害、自律神経失調症をはじめとする数々の問題を克服するのを支えてきた。ニュージーランドを拠点とするHale Pule アーユルヴェーダ & ヨガの創設者・代表として、この2つの変容の科学を学び癒しを得るための幅広い機会を提供する。その内容は、アーユルヴェーダ・ヘルス・コンサルテーションからヨガ・アーユルヴェーダ指導者養成コースにいたるまで多岐にわたる。栄養学とアーユルヴェーダの2方面からコンディションづくりをサポートする食事と、ヨガのクラスが愉しめる今最も注目のコンセプトショップ「THE_B」にて、アーユルヴェーダメニューを監修。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する