あなたはどのタイプ?ドーシャ別アーユルヴェーダ式セルフケアのポイント

 あなたはどのタイプ?ドーシャ別アーユルヴェーダ式セルフケアのポイント
CHARLIE PAPPAS
広告

カパにおすすめのセルフケア:角質の除去

絹の手袋で乾燥した角質を除去する、ガルシャナと呼ばれるクイックマッサージを試し、カパを抑制しておこう。このマッサージによって古い角質が取り除かれ、血液の循環が促され、リンパ系(感染症と闘うシステム)が刺激され、体が軽くなる。週3回行い、その後にディープ・ウォーム・オイルマッサージ続けて行って冬の肌を保護するようにしよう。

行い方

シャワーの前にガルシャナ用の手袋をはめ、素早く(でも丁寧に)体をスクラブする(手袋はジョン・ドゥイラードのlifespa.comかBanyan Botanicalsで購入できる)。関節周りは円を描くように、長い骨のところは大きなストロークを使って体の各部分5回ぐらいずつマッサージするようにする。

注意点

妊娠中や皮膚に感染症や湿疹がある時にはガルシャナは行わないようにしよう。

ライター/TASHA EICHENSEHER
ヨガジャーナルのシニアエディターであり、ヨガインストラクター、ライターでもある。

 

 

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

広告
  • 6
  • /
  • 6

Story by Tasha Eichenseher
Sequence by Larissa Carlson
Photos by Charlie Pappas
Translated by Yuko Altwasser
yoga Journal日本版Vol.51掲載



RELATED関連記事

Galleryこの記事の画像/動画一覧

アーユルヴェーダ ドーシャ チェック ヨガ
アーユルヴェーダ オイル
アーユルヴェーダ うがい ターメリック