人気ヨガ講師に学ぶ強みと個性を活かすヒント|芥川舞子先生の場合

Shoko Matsuhashi

人気ヨガ講師に学ぶ強みと個性を活かすヒント|芥川舞子先生の場合

リピートする生徒がどんどん増えていく先生になるにはどうすればいいの?いまトップクラスの人気を誇る先生たちの、魅力の秘密に迫ります!今回は、芥川舞子先生をご紹介。

メディアで活躍し生き方でヨガを伝える

10代でモデル・デビュー後、「自分に自信を持つために」ヨガを始めた芥川舞子先生。いつしかヨガが生きることそのものとなり、インストラクターの道へ。自らスタジオを主宰して多くのクラスをもつ傍ら、CM、雑誌などさまざまなメディアで活躍しています。今やその指導法だけでなく、ライフスタイルも注目を集める存在に。「私がヨガを学ぶとき、ヨガが先生の人生の中でどんなふうに経験され、理解されたのか、生き方で示してもらわないと納得がいかなくて。伝統的なヨガは先生と長い時間を共に過ごし、その人となりから学ぶものです。だから私も自己開示して、生徒に私自身からも学んでほしい。お手本としてではなく不完全で、こんな生き方もあるんだ、ということでいいんです」互いを知るためにクラスでは対話を大切にし、2時間のうち1時間を費すことも。自己開示のツールとして、SNSも活用します。「ヨガの学びを通じて今日どんなことに気づいたのか、メッセージ性のある記事を書き、内面を知ってもらえるようにしています」それらの記事に共感して、取材や新しい仕事の依頼、クラスを訪れる生徒さんも多いといいます。「これからもヨギとして、何らかの気づきや、勇気を与えられる存在でいたいですね」

芥川先生
Photo by Shoko Matsuhashi

芥川舞子先生の自宅練習:ポーズ+呼吸法+瞑想のセット練習を欠かさない

短時間でも「ポーズ+呼吸法+瞑想」をセットにした自宅練習は欠かさない習慣。「ヨガで最も効果が高いとされる逆転ポーズは必ず入れます」

ポーズ+呼吸法+瞑想のセット練習短時間でも「ポーズ+呼吸法+瞑想」をセットにした自宅練習は欠かさない習慣。「ヨガで最も効果が高いとされる逆転ポーズは必ず入れます」
Photo by Shoko Matsuhashi

愛読している本&お気に入りヨガグッズ

『ヨーガの真実』でヨガの本質を学び続ける

長い歴史の中でヨガがどう変化し、現代まで人々に受け入れられているのか、ヨガの本質を考えるときの必読書。「何度も繰り返し読むことで理解を深めていきます」

長い歴史の中でヨガがどう変化し、現代まで人々に受け入れられているのか、ヨガの本質を考えるときの必読書。「何度も繰り返し読むことで理解を深めていきます」
Photo by Shoko Matsuhashi

祭壇で学ぶ場に良い気を巡らせる

主宰スタジオには生命の柱、地・水・風・火を象徴する物を置いた祭壇を。地はクリスタル、水はコップの水、風はお香、火はキャンドル。

キャンドル
Photo by Shoko Matsuhashi

生徒さんに聞きました!芥川先生のレッスンのここが好き

小島美香さん(ヨガ歴10 年 レッスン歴1年)
心を開いてくれる先生の存在自体が学び
先生と、コミュニケーションをしっかりとれるレッスンです。いつもオープンであろうとする人柄からも、たくさんのことを学んでいます。

石島佳代子さん(ヨガ歴7年 レッスン歴4 カ月)
「自分のリズム」の大切さを教わりました
ムリせず「今の自分」に合わせてヨガをすることを教えてもらいました。ふだんの生活でも、自分のリズムを大切にできるように。

芥川舞子先生プロフィール
ヨガティーチャー・モデル。大型ヨガイベント、大手スタジオの講師としても活躍。主宰スタジオは毎回同じメンバーで行う少人数のレギュラークラスを主軸として開講し、自宅で練習できるようになるための指導を行う。

DATA
ヨガ歴:12年
インストラクター歴:11 年
前職:ファッションモデル(現職)
資格取得スクール:IYCほか
ヨガインストラクターを目指した理由:いちばん好きなことといちばん長く共にありたかったから
指導のモットー:ヨガは誰にでも開かれているものであることを伝える、人を決めつけず、常にフラットな視線を失わない
ヨガの学びを深めるためにやっていること:自宅練習を欠かさない
体調管理のために欠かさないこと:十分な睡眠と毎日のヨガ練習

Text by Ai Kitabayashi
MOOK「良いヨガインストラクターになるには」掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ポーズ+呼吸法+瞑想のセット練習短時間でも「ポーズ+呼吸法+瞑想」をセットにした自宅練習は欠かさない習慣。「ヨガで最も効果が高いとされる逆転ポーズは必ず入れます」
長い歴史の中でヨガがどう変化し、現代まで人々に受け入れられているのか、ヨガの本質を考えるときの必読書。「何度も繰り返し読むことで理解を深めていきます」
キャンドル
芥川先生
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する