音楽に合わせ踊るようなフローはまるでミュージカルの世界観。「インサイドフロー」が東京に初上陸!

Kenji Yamada

音楽に合わせ踊るようなフローはまるでミュージカルの世界観。「インサイドフロー」が東京に初上陸!

ドイツ系韓国人YONG HO KIM氏によって考案された新スタイルのヨガ「インサイドフロー」は全米の人気イベント「WANDERLUST FESTIVAL」にも出演するなど、ヨーロッパを中心に世界各国で広がりを見せています。一体今までのヨガとは何が違うのか。早速紹介していきましょう。

インサイドフロー=時代の流れに合わせた進化系ヴィンヤサスタイル

「インサイドフローヨガ」の大きな特徴は、音楽のビートやリズムに合わせシークエンスを完成していくこと。ただのバックミュージックとしてではなく、その曲に込められた意味まで動きに反映しているという斬新さ。1曲ごとにシークエンスの流れが決まっており、音と呼吸を同調させ、ゆっくりと同じ動きを繰り返すことが今までにない新しい感覚を生み出しています。考案者のYON HO KIM氏によると、「スマートフォンが誕生し、次々と新しいバージョンにアップデートされているように、私たちの身の回りにあるものは常に進化を続けています。インドの古い歴史の中で生まれたヨガも、時代に合わせ変化することは大切なこと。インサイドフローは例えるなら“ヴィンヤサ2.0”。新しい形のヨガスタイルです。」

インサイドフローヨガ
考案したのはYoung Ho先生。

Photos by Kenji Yamada
Text by Kuna Yun

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

インサイドフローヨガ
インサイドフローヨガ
インサイドフローヨガ
インサイドフローヨガ
インサイドフローヨガ
インサイドフローヨガ
インサイドフローヨガ
Taiki
受講生
受講生
インサイドフローヨガ
インサイドフローヨガ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する