【マヤ暦】11月30日から12月12日は「黄色い戦士の13日間」何を意識して過ごすべき?

MAI TSURUMOTO

【マヤ暦】11月30日から12月12日は「黄色い戦士の13日間」何を意識して過ごすべき?

マヤ暦から導き出したハッピーに過ごすためのヒント。マヤ暦ではその日その日のエネルギーは13日ごとに区切られていると考えられています。「どんなことに意識すれば楽しく過ごせるの?」 「お勧めの食べ物は?」 13日ごとにお届けします。

11月30日から12月12日は「黄色い戦士の13日間」

こんにちは。マヤ暦アドバイザーの伊藤絵理奈です。

11月30日から12月12日は「黄色い戦士の13日間」です。黄色い戦士には「戦いの力」「自己との戦い」「挑戦」「知性」などのキーワードがあります。

この13日間は困難も乗り越えれるほどの突破力がある「黄色い戦士」。失敗を恐れずチャレンジし続けることが開運のカギとなります。挑戦することは大きな決断をし、たくさんのエネルギーを注がないといけないので、躊躇してしまう方も多いかな?と思います。気になるのは人の目だったり失敗への恐れだったりしますが、自分が思ってるほど人は見ていないんですよね。見てたとしても、覚えている人なんてほぼ居ないのではないでしょうか。だからこそ自己との戦いが1番大切だったりします。人と戦うのではなく自分自身と向き合ってくださいね。そして、よく耳にするとは思いますが、チャレンジした人にしか見えない景色や感情はあります。例え失敗したとしてもそれは経験となり財産となります。挑戦した先の未来を想像して一歩踏み出すことで道が開けてきますので是非チャレンジしてみてくださいね。また、自分の気持ちに正直でいることもここがけてください。人付き合いもスムーズな関係が築けますよ!

「黄色い戦士の13日間」におすすめの食べ物は、りんごです。色んな種類のリンゴをたくさん見かけるお馴染みの果物ですが栄養価は高いんです。有機酸が含まれてるので胃腸の働きが良くなり殺菌作用などもあるそうです。そして!乳酸を減らして疲れを取り除く効果もあるそうですよ。皮にも栄養があるので無農薬のものを選びたいですね。風邪の時もリンゴの葛煮は必須ですしどんな時も食べれる優れもの。全ては腸からと言われてます。チャレンジする為にも腸を整えてくれるリンゴの力をかりて元気にすごしましょう。

AUTHOR

伊藤絵理奈

伊藤絵理奈

マヤ暦アドバイザー。生年月日からクライアントの本質や家族、周りの人との関係性を紐解く「マヤ暦診断」をはじめとするセッションを行う。「どんな出来事も、あなたが選んで今がある。マヤ暦を知ることで、気づきやヒント、納得することがたくさん見つかるはず」と考え、マヤ暦を通して多くの人のハッピーを後押ししている。

RELATED関連記事