【閉経をお祝いする10の理由】女性にとって更年期以降の10年間は「人生の黄金期」!?そのワケは?

AdobeStock

【閉経をお祝いする10の理由】女性にとって更年期以降の10年間は「人生の黄金期」!?そのワケは?

永田京子
永田京子
2022-05-10

閉経をお祝いする理由 ⑤子宮筋腫が収縮する

子宮に“こぶ”のようなもの(腫瘍)ができる「子宮筋腫」。子宮筋腫は、女性ホルモンの影響を受けて大きくなり、場合によっては手術が必要になることもあります。

しかし、女性ホルモンの量が激減する閉経後、多くの場合、子宮筋腫は小さくなっていきます。そのおかげで手術をする必要がなくなることも。日本では“逃げ切る”なんて言われることもあります。

閉経をお祝いする理由 ⑥生理用品を買わなくていい

生理用ナプキンやタンポン、そして鎮痛剤。毎月の支出、結構馬鹿にならないと思いませんか。2021年には5人に1人の若者が金銭的理由で生理用品を買えない“生理の貧困”がニュースになり、国会でも取り上げられるほど社会問題にもなっています。

しかし、閉経すると月経が来なくなるので当然生理用品はいらなくなります。

いつやってくるかわからない月経のために生理用品を持ち歩く必要もなくなるので、荷物が減って身軽になるのもメリットのひとつですね。

閉経をお祝いする理由 ⑦心が安定する

閉経をする前、つまり月経がある時期、身体のなかで性ホルモンが増えたり減ったりと大きく変動しています。性ホルモンは私たちの気持ちや感情に非常に大きく働きかけています。つまり、性ホルモンの変動があると心も不安定になりやすいのです。

しかし閉経以降は、性ホルモンの変動は激減。性ホルモンが原因の心の不安定さから解放されます。

閉経をお祝いする理由 ⑧ファッションを楽しめる

私は、2018年にカナダのバンクーバーで開催された国際閉経学会で発表をしました。学会で発信されていた閉経に対するメッセージはとてもポジティブ。思わず私は「どうしてそんなにポジティブなんですか」と質問してしまいました。

すると、返ってきた答えは…。「何を言っているの? 京子! 閉経すると白いドレスをいつでも着られるようになるじゃない!」

白いドレスの女性
AdobeStock

要するに、経血漏れの心配なくファッションを楽しめるでしょ、ということだったのです。確かにそのとおり。いつでも白いスカートや白いパンツを履くことができるようになります。

閉経をお祝いする理由 ⑨妊娠リスクからの解放

妊娠・出産は素晴らしい出来事。しかし女性にとっては命がけです。それが高齢になっても続くとしたら、少しこわくなりますよね。閉経後は妊娠することができなくなりますから、妊娠するリスクから解放されます。パートナーとの性生活をより楽しめるということにもつながりますね。

閉経をお祝いする理由 ⑩心と身体のエネルギーが増加する

閉経以降、女性の身体の中では女性ホルモンよりも男性ホルモンの方が少し優位になります。男性ホルモンと聞くと「男になってしまう!?」と思う人もいるでしょう。実は私たちを活力的にさせたり行動的にさせたりと、とても元気にしてくれるホルモンなのです。

そのため、更年期以降の10年間、 55歳から65歳の時期は「人生の黄金期」とも呼ばれます。ご存知でしたか? 私たちには“シルバー”の前に“ゴールド”があるのです! 女性ホルモンの不安定さから解放されて、力強い男性ホルモンが優位に立つ。そしてエネルギーがみなぎってくる。そんなパワフルな時期がやってきます。

AUTHOR

永田京子

永田京子

NPO法人 ちぇぶら代表理事、更年期トータルケアインストラクター 1,000名を超える女性たちの調査や医師の協力を経て “更年期対策メソッド”を研究・開発・普及。口コミで広まり、企業や医療機関など国内や海外で講演を行い述べ3万人以上が受講。2018年カナダで開催の国際更年期学会で発表。著書「女40代の体にミラクルが起こる!ちぇぶら体操(三笠書房)」、「はじめまして更年期♡(青春出版社)」。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

白いドレスの女性
ポジティブにとらえる
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する