冷え、むくみ、血行不良を緩和。生理痛と上手に付き合うためのおうちヨガ

Getty Images

冷え、むくみ、血行不良を緩和。生理痛と上手に付き合うためのおうちヨガ

2.呼吸とともに前後屈。自律神経を整える

骨盤まわりをほぐす合せきから、呼吸に合わせて前後屈を行うワーク。息を吸って交感神経を、吐いて副交感神経のバランスを調整。背骨を動かすことで自律神経が整います。

HOW TO

足裏を合わせて座る。左右の坐骨を床に安定させ、骨盤を立てて背筋は真っすぐに。両手で足の親指をつかむと背筋が伸びる。

PMS緩和ヨガ
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

足の親指をつかみながら息を吐き、ゆっくり骨盤を倒していく。このとき、お腹をへこませると背中が丸まりやすい。

PMS緩和ヨガ
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

丹田に力を入れて息を吸いながら背中を伸ばし、目線は斜め上へ。ここまでのステップを3回繰り返して。

PMS緩和ヨガ
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

3回行ったら、息を吐きながら脇を締めて前屈。このまま30秒キープする。呼吸を止めないように意識。

PMS緩和ヨガ
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

POINT

深く倒すことが目的ではないので、気持ちがいいところまででOK。深い呼吸を行いながら、ゆるめていって。

Photos by Shoko Matsuhashi
Hair&make-up by Mayumi Tsuchiya(FIX-UP)
Text by Ai Kitabayashi Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.52掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

PMS緩和ヨガ
PMS緩和ヨガ
PMS緩和ヨガ
PMS緩和ヨガ
PMS緩和ヨガ
PMS緩和ヨガ
PMS緩和ヨガ
PMS緩和ヨガ
PMS緩和ヨガ
PMS緩和ヨガ
PMS緩和ヨガ
PMS緩和ヨガ
PMS緩和ヨガ
PMS緩和ヨガ
PMS緩和ヨガ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する