寝ている間も燃焼しやすい体に!基礎代謝を上げる肩甲骨ほぐしポーズ

Getty Images

寝ている間も燃焼しやすい体に!基礎代謝を上げる肩甲骨ほぐしポーズ

年齢とともに下がっていく基礎代謝。基礎代謝を上げるには、血流をよくして体を温めることが大事です。そのためには、硬くなって滞り がちな肩甲骨をしっかり動かして温めることが大事。ヨガインストラクターの相楽のりこ先生に、肩甲骨をほぐす簡単ポーズを教えていただきました。

肩甲骨をほぐして脂肪燃焼を効果UP

体側を気持ちよく伸ばし、脇の下のリンパの流れを促して代謝アップ。さらに、腕を大きく動かして肩甲骨まわりの筋肉をほぐすことで、脂肪が燃焼しやすい体に。

HOW TO

1.長座から右膝を立て、左脚の上で交差させ、右膝を左膝の上に重ねて座る。胸を開いて左腕と頭頂を斜め上へ。5呼吸キープ。

代謝アップの肩甲骨ほぐし
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

2.頭頂を斜め上に向けたまま、肩甲骨が動く感覚を意識して円を描くように腕を回す。下の体側が縮まらないように注意。左右5回。

相楽ヨガ
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

POINT

腕を回すとき、耳をこするくらい大きく動かすのがコツ。肩甲骨がしっかり回転して脂肪燃焼効果が高まる。

3.尾骨から頭頂を一直線に保ち、左右の坐骨は床につける。右手を下から背中に回し、左手とつなぎ合わせ肩甲骨を寄せる。5呼吸キープ。

相楽のりこ
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

体が硬い人は…

相楽のりこ
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

背中で手をつなぐのがツライ場合は、タオルを使ってもOK。

4.あごを引いて首の後ろを伸ばし、背中も伸ばしたまま前屈。股関節から屈曲すると、鼠蹊部も刺激できる。5呼吸キープ。反対側も。

相楽のりこ
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

教えてくれたのは…相楽のりこ先生

ヨガインストラクター、「TODAY SAGARA YOGA STUDIO」主宰。器械体操の選手として活躍後、ヨガと出会い指導者に。ストレッチの要素を取り入れた「sagarayoga」を提唱し、空中ヨガや企業ヨガなど幅広く指導している。

Photos by Shoko Matsuhashi
Hair&make-up by Mayumi Tsuchiya(FIX-UP)
Text by Ai Kitabayashi Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.52掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

代謝アップの肩甲骨ほぐし
相楽ヨガ
相楽のりこ
相楽のりこ
相楽のりこ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する