栄養満点で失敗しない、バリエ豊富なスムージーの作りかた

PIXTA

美味しくて栄養価の高い組み合わせは? スムージー作りで失敗しない方法

MATTHEW KADEY
MATTHEW KADEY
2018-01-28

スムージーの大部分はフルーツと野菜が占めているが、それだけでは大事なものが足りない。タンパク質や脂質をプラスする食材を加えて、より腹持ちがよく、血糖値の急激な上昇を防ぎ、午前中のエネルギー源となるような、バランスのとれたスムージーをつくろう。

プラクティス後の筋組織の修復もしてくれるタンパク質は、ギリシャスタイルのヨーグルトで補ってみよう。このタイプのヨーグルトには、通常のヨーグルトの2倍のタンパク質が含まれている。カッテージチーズや絹ごし豆腐もタンパク質が豊富な食材だ。アボカドやナッツバターに含まれているヘルシーな脂質は、フルーツや野菜に含まれている多くのビタミンの吸収を高める。さらによいことに、こういった食材はすべて、スムージーにリッチでなめらかな食感を与えてくれる。

さらに栄養価を高めるために

ブレンダーをスタートさせる前に、食料棚を見て、スムージーの栄養をもっと高めるものはないか探してみよう。ホエイ、ヘンプ、その他のプロテインのパウダーを1スクープ加えると、スムージーの濃さが増す。また、フリーズドライのスーパーフルーツパウダー、ココアパウダー、抹茶などを1さじ加えると、抗酸化物質の量がアップする。チアシード、 あるいは、大さじ数杯分の挽いたフラックスシードや、フラックスシードオイルなどを加えると、より多くのヘルシーな脂質を摂ることができる。小麦胚芽は昔からあるよい食材で、葉酸塩、マグネシウム、免疫力を高める亜鉛など、生命に必須なビタミンやミネラルを含んでいる。ひまわりの種、スライスしたナッツ、甘味をつけていないココナッツフレークなどの自然食品も忘れないように。こういった食材によって、スムージーはより ヘルシーな朝食となる上、風味が増し、特別な味わいを持つようになる。

  • 3
  • /
  • 3

Translated by Yuko Altwasser
yoga Journal日本版Vol.29掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

バリエ豊富なスムージーの作り方
バリエ豊富なスムージーの作り方
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する