肌の底力を弱らせる原因に?「合成界面活性剤」からフリーになろう

Getty Images

肌の底力を弱らせる原因に?「合成界面活性剤」からフリーになろう

湊亜弥子
湊亜弥子
2019-03-13

洗顔料からボディソープ、シャンプー・リンス、そしてスキンケアやメイク用品などは毎日使うものですが、そこにはたくさんの合成界面活性剤が含まれています。界面活性剤は洗浄力を増したり、製品を乳液状にするために欠かせないものですが、肌や体、環境への負担が大きいものも多々あります。あなたの肌トラブルを引き起こしているのは、愛用している化粧品の界面活性剤が原因かもしれません。

「合成界面活性剤」が含まれているか、気にしたことはありますか?

多くの日用品や化粧品に含まれている合成界面活性剤。最近はその悪影響に注目する人も増えてきて、「合成界面活性剤フリー」の製品も多く見かけるようになりました。界面活性剤とは、本来は混じり合うことのない水と油を融合させる「溶剤」の働きを持っていて、乳化剤、可溶化、洗浄などの役目を持ちます。化粧品でいえば乳液やクリームを作るために配合されたり、クレンジングや洗顔料では、メイクや皮脂などの油汚れを界面活性剤が包んで浮き上がらせて落とす役割を果たします。

界面活性剤のすべてが悪いものとは言い切れませんが、高い洗浄力を発揮すると同時に、じつは肌のバリア組織を壊したり、肌表面を弱らせることで刺激を受けやすくもしてしまうことも。それによってトラブルが増え、慢性的な敏感肌やアレルギー、またシミ・シワを増える、ニキビ肌、毛穴が目立つ、老化やごわつきなど……トラブルが増えるからさらなるスキンケア商品を重ねていく、という負のスパイラルを繰り返すことになるケースも多いよう。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する