骨に近い筋肉を強化!体側のインナーマッスルを鍛えるヨガワーク2つ

Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

骨に近い筋肉を強化!体側のインナーマッスルを鍛えるヨガワーク2つ

ヨガで姿勢が不安定になりやすいのは、体の深層部にあるインナーマッスルが弱いサイン。“骨”を意識しながらゆっくり行うヨガで集中的に鍛えれば、ポーズが快適に決まる体に!今回は体の体側を鍛えるポーズをご紹介。教えてくれたのは、人気ヨガインストラクターの鈴木伸枝先生!

体側のインナーマッスルを鍛える2つのワーク

体を横向きにするポーズで体側を鍛えましょう。

WORK1:ヴァシシュターサナ

わき腹~お尻を引き上げて、サイドの筋肉にアプローチ。骨を意識してアウターの力みを防ぎ、インナーを働かせて。

HOW TO

1.左脚を下に、右脚を重ねて横向きに座る。肩の真下に、左手をセット。右手は、腰に当てる。

ヴァシシュターサナ
Photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

2.お尻を引き上げて右手を天井方向に上げ、視線を指先に。全身の骨格に意識を向け、骨格を固めるイメージで30秒キープ。反対側も。

ヴァシシュターサナ
全身の骨格を意識。足の側面でしっかり踏む/Photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

NG:腕だけで体を支えようとすると、お尻が上がらない。

腕だけで体を支えようとすると、お尻が上がらない。
Photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

Photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
Hair&make-up by Futoshi Nakagawa(P-cott)
Text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.60掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ヴァシシュターサナ
ヴァシシュターサナ
腕だけで体を支えようとすると、お尻が上がらない。
EASY
EASY
トリコナーサナ
トリコナーサナ
トリコナーサナ
トリコナーサナ
トリコナーサナ
トリコナーサナ
背骨が丸まって前傾すると体側に効かない。
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する