人気ティーチャーが指南!クラスで見かけるNGポーズ改善法とヨガ初心者の疑問Q&A

Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

人気ティーチャーが指南!クラスで見かけるNGポーズ改善法とヨガ初心者の疑問Q&A

代表ポーズ2:手に気を取られがちな「鷲のポーズ」は、組み方の順番を覚えてトライ

「鷲のポーズを行うと、内臓が引き上げられ胃腸の働きを活性化できるほか、脚の引き締めやむくみの解消も期待できます。ヨガビギナーの中には、複雑な手の組み方に気を取られて集中できなかったり、骨盤がゆがんでしまいポーズが安定しない人も多いはず。手と脚の組み方を別々に練習してからポーズに入ると安定します」(岡清華先生)

NGポイント:手の組み方に迷うと心ここにあらずの状態になり、体の軸を意識できずポーズのキープが困難。

ワシのポーズのNG
ワシのポーズのNGポーズ/Photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

手の組み方は順番を覚えればOK

手の組方
ワシのポーズの手の組方/Photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

①手のひらを上に向けて両腕を体の前にまっすぐ伸ばす。

②左腕を上にしてなるべく深くクロスする。

③肘を90度に曲げて両手の甲を顔の前で合わせ、押し合うようにして体の中心に寄せる。

④手のひら同士を合わせ、指先を真っ直ぐ天井に向ける。

ポイント:1ステップごとに確認しながら手の組み方をマスター。正しく組めるようになったら、首と肩の距離を長く保ち肘を肩までアップさせる。

初心者はこれでOK

正しく体が使えない状態で完成形にこだわると、ポーズの効果が得られないばかりかケガにつながります。手を組むのが難しい場合は、体の前で両手を合わせる「合掌」でトライしてみましょう。最初は脚も組まないでOK。骨盤を正面に向けたままお尻を下げ、恥骨と胸の間を長く保ち胸を天井に引き上げて。さらに、足裏と頭頂で引き合い、両手、両脚をそれぞれ押し合うと安定感を感じられます。

ポイント:優先するのはポーズの形ではなく、正しい体の使い方。ファーストステップは、手と脚を組まず全身の安定を感じられるようになることが大事。

ワシのポーズの軽減ポーズ
ワシのポーズの軽減ポーズ/Photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

Photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
Text by Ai Kitabayashi

All photosこの記事の写真一覧

木のポーズのNG
木のポーズのポイント
木のポーズの軽減ポーズ
ワシのポーズのNG
ワシのポーズの軽減ポーズ
ダウンドッグのNGポーズ
ダウンドッグの目線
ダウンドッグの軽減ポーズ
ダウンドッグの手のひらき方
手の組方
ファーストシップ
バナー
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する