【読むハワイ】ハワイのベストコーヒーカンパニー「ライオンコーヒー」がロコに愛される理由

Photo by Saori Teraoka

【読むハワイ】ハワイのベストコーヒーカンパニー「ライオンコーヒー」がロコに愛される理由

寺岡早織
寺岡早織
2021-10-01

ハワイに来たら一度は誰でも見かけたことがあるライオンコーヒーの赤いパッケージ。毎年のように「ハワイのベストコーヒー」に選ばれていて、お土産としても大人気。今ではハワイを代表するコーヒーメーカーですが、ライオンコーヒーが創業されたのは実はハワイではないのです!ハワイで大成長したライオンコーヒーの誕生秘話と人気の秘密についてお伝えします。

ロコに愛されるコーヒーメーカーの誕生秘話

今や知らない人はいないハワイの老舗コーヒーメーカー「ライオンコーヒー」。1864年の創業はなんとオハイオ州。20世紀半ばに家庭用コーヒーメーカーとしてアメリカ本土で有名になりました。中でも1880年代にライオンコーヒーが実施したキャンペーンが好評でした。パッケージのライオンマークを切って集めて景品と交換できるキャンペーンは、アメリカ郵政公社が料金別納制度を開始するきっかけになるほどインパクトがありました。その後数十年にわたり、アメリカの人気コーヒーメーカとして君臨していたライオンコーヒーも徐々に人気が廃れて精算手続きに入り、1970年代までは業務が停止されていました。

その後、起業家でコーヒー好きのJames Delanoがライオンコーヒーを買収することになり、1979年に拠点をオアフ島に移転。アメリカで唯一コーヒー豆を栽培できるハワイでハワイ産のコーヒー豆に焦点を絞り、またたく間にハワイを代表するコーヒーメーカーとなりました。

コーヒー豆の生産には適度な温度、雨量、日照時間などが必要条件ですが、ハワイはそのどれにも当てはまる最適な土地。質の高いハワイ産のコーヒー豆は常に高値で取引されています。

AUTHOR

寺岡早織

寺岡早織

2003年からヨガを始め、その後ピラティスを始める。2010年BASIピラティスインストラクター資格(マット、マシン)を取得し、ピラティス指導を開始。結婚を機に2013年ハワイに移住し、その後もピラティス指導を続ける。2015年よりハワイでの日本人向けRYT200の解剖学講師を務める。2018年よりヨガ・ピラティスインストラクターに特化したプロフィール写真のカメラマンとしても活動を開始。趣味は絵を描くこと。 Instagram (ピラティスアカウント):@saori_pilates、Instagram(ハワイ写真アカウント):@saori_hi_photography

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

Lion Coffee
Lion coffee
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する