そもそもヨガって?

ヨガの歴史ヨガ=体、心、魂を宇宙に結びつけること

ヨガはサンスクリット語の「ユジュ」(牛や馬と車をつなぐ軛)が語源で、体、心、魂を神(あるいは宇宙)に結びつけることの修行法として、紀元前4000年~2000年頃、インダス文明で生まれました。

200年頃には最も古いヨガの根本経典である「ヨガ・スートラ」が編纂され、具体的なヨガの実践方法が記されました。「ヨガ・スートラ」によると、ヨガは「心の動きを抑止すること」と定義され、心の動きをコントロールするさまざまな鍛練により、苦しみから解放されることをその目的としています。

1000年頃には、ポーズ(アーサナ)と呼吸法(プラーナヤーマ)などの、肉体を浄化し強化する鍛練によって、自己(エゴ)を超越したゆるぎない境地を目指す「ハタ・ヨガ(=力強いヨガの意)」が出現しました。現在世界中に普及しているヨガのポーズは、この伝統的なハタ・ヨガの一部です。その後、ハタ・ヨガの教本を基礎として様々な流派が生まれ、複雑に交じり合いながら現代のヨガへとつながります。

心と身体をリラックスさせ、健康的で充実した生活を送るためのツールとして、現在も新しいスタイルのヨガが次々と生まれています。

ヨガの目的歪みの解消と活力に満ちたおだやかな気持ちに

現在ではダイエットや健康法としてもブームとなっているヨガですが、本来の目的は「苦痛からの解放=快適で安定した心を作ること」にあります。

ポーズでは体の歪みが矯正され、柔軟性や体力が向上するなどの効果がありますが、そこにゆったりした呼吸や瞑想を組み合わせることで、集中力が高まり、おだやかで揺るぎない精神状態を作りだすことができます。歪みが解消し、体全体が引き締まって美しいプロポーションを手に入れられるのはもちろんのこと、活力に満ちた前向きでおだやかな気持ちを得られることこそがヨガの特長といえます。

ヨガの呼吸法集中力が増し、体の内側から活性化

深呼吸で心身がリラックスできるように、呼吸が体と心に及ぼす影響はとても深いものです。
ヨガの基本でもある呼吸法は、呼吸を制御することで活力と集中力が増し、心と体を結びつけてくれます。また、細胞ひとつひとつに酸素が送り込まれ、体の内側から活性化するという効果もあります。

ヨガをすることで体と心はどう変化する?エイジレスな体をつくり、ストレスを緩和する

丈夫で柔軟な体に
色々なポーズを行うことで柔軟性が増し、しなやかで丈夫な体に変わっていきます。骨と関節も柔軟に鍛えられるため、骨粗鬆症や関節痛の予防にもなります。
姿勢がよくなり、脂肪のつきにくい身体へ
筋力が向上し、歪みも矯正されることで、バランスのよい美しい姿勢を保つことができます。コア(体幹)と呼ばれる深部の筋肉群が鍛えられることで作られた美しい姿勢は、脂肪のつきにくい状態を維持してくれます。
体内環境を整え、エイジレスな体に
筋肉伸縮と深い呼吸によってリンパの流れや血行がよくなり、内臓も活性化されることで、心臓発作、脳卒中などの病気予防になります。また、便秘の緩和など、腸にも効果のあるヨガは、腸内環境を整えて体内をきれいな状態にしてくれます。こういった浄化作用は、心身ともにすっきりとした心地よさを得られるだけでなく、肌の老化防止にもつながります。
ストレスの緩和で落ち着いた心に
疲労回復効果のあるポーズやプラーナヤーマ(呼吸法)、瞑想などで、リラクセーションを得ることで、不安やイライラした気持ちは落ち着き、ストレスがやわらぎます。不眠や皮膚炎、片頭痛など、ストレスによる様々な病気の予防となるとともに、ポジティブで安定したメンタルバランスを保つことができます。これは自分という存在と向き合うことを根本としたヨガならではの特長です。

こんな人にもヨガはオススメ運動が苦手な人、ストレスフルな人

筋力がない、運動が苦手な人
ヨガの基本はポーズと呼吸です。他のスポーツと違い、高度な技術や道具のいらないヨガは、体が硬い人、運動が苦手な人や、体力のない年配の人にも広く親しまれています。
冷えやだるさ、肩こりなどを改善したい
病院に行くほどではないけれど不快な症状に悩んでいる、そんな人にこそヨガがオススメです。バランスのよい体を作り、代謝を上げ、血液の循環をスムーズにしてくれるヨガは、冷え、肩こり、むくみなどの改善にも効果があります。またホルモンバランスを整える効能もあるので、女性特有の更年期障害や月経による不快症状などの緩和も期待できます。
多忙でストレスフルな人
自分を見つめ直す時間とリラックス効果も与えてくれるヨガは、ちょっとした空き時間にマット1枚分のスペースで行えるとあって、多忙でストレスフルな現代人に最も適したエクササイズともいえます。単なるエクササイズに留まらず、ヨガの精神を探究し、心と体、自然との結びつきまでも感じられるようになれば、日々の生活もずっと美しいものに変わるはずです。

女性のライフスタイルとしてのヨガ“セルフコントロールのできる魅力的な女性”

プロポーションの維持だけでなく、精神的な豊かさも得られるヨガは、マドンナやジェニファー・アニストン、グウィネス・ パルトロウなど、海外セレブたちにも愛されています。
エイジレスで美しい憧れのセレブが夢中になるエクササイズとあって、彼女たちをきっかけに世界規模のヨガブームが巻き起こりました。

「セックス・アンド・ザ・シティー」の登場人物がヨガスタジオへ通う姿がスタイリッシュに描かれるように、アメリカではヨギーニ(ヨガを行う女性)=セルフコントロールのできる魅力的な女性として、自立して生活を楽しむ女性の代名詞となりつつあります。

彼女たちにとってヨガとはもはやブームではなく生き方そのもので、ストレスの多い生活の中で自らの心身を見つめ直し調整するといった、美しく余裕のある人生を送るために、なくてはならないものです。
その精神は日本の女性にも波及し、今後もますます広がり続けることでしょう。