使い終わった化粧品容器はリサイクル!すぐに参加できるサスティナブルな取り組みとは

Getty Images

使い終わった化粧品容器はリサイクル!すぐに参加できるサスティナブルな取り組みとは

きれいになるための化粧品、使い終わった空の容器、みなさんはどうしていますか?近年世界的な問題となっているプラスチックごみですが、化粧品の空き容器もこの一部。世界的にコスメブランドが取り組み始めているサスティナブルな活動。日本でも始まったヨギに人気のオーガニックコスメブランドのプロジェクトをピックアップ!

なんと年間5トンも回収!2013年から活動の「メルヴィータ」

1983年、生物学者であり養蜂家でもあるベルナー・シュビリアが創業した、オーガニック認証コスメブランド「メルヴィータ」。毎月20日~30日を「ECO 10DAYS」と題し、自社製品だけでなく、他社製品やメイクアップ製品を含む化粧品空き箱容器をメルヴィータ直営店で回収しています。この取り組みは2013年から行われていて、2019年にはなんと年間5トン以上もの空容器が集まりました。回収された空容器はガラスやプラスチックなどの種類ごとに分別、再生原料へのリサイクルや熱利用などに活用されているそう。

a
自社製品だけでない化粧品の空き容器も回収。画像提供:メルヴィータ

さらに容器に使用するプラスチックと紙の使用量を削減し、分別性を高め、よりリサイクル・リユースしやすい製品を提供するなどの努力も。

a
メルヴィータのボトルやパッケージはリサイクル素材を再利用

例えば、フラワーウォーター、フラワーブーケのシリーズでは100%リサイクルPETを、すべてのスキンケアチューブもリサイクルPEを使用。肌への優しさだけでなく環境にも優しい、製品づくりに取り組んでいます。使い終わった化粧品の容器はメルヴィータの店頭でスタッフに渡すと、150円分のポイントがもらえるといううれしいおまけ付き。回収期間にぜひ参加してみて。

マッシュビューティーラボがスタートする「リサイクル キッチン」プログラム

コスメキッチンやエコストアなど、「オーガニックなライフスタイルを日本中に届け、人々をハッピーにする」を合言葉に、ナチュラル&オーガニックブランドを展開しているマッシュビューテイーラボ。この2020年春から「リサイクル キッチン」プログラムと名づけた空容器の回収がスタート。リサイクル界の世界的パイオニア企業であるテラサイクルとタッグを組み、使用済みの化粧品の空容器を「ゴミではなく、資源」として回収し再利用していくマテリアルリサイクルを実施していくそう。

サステナブル マッシュスタイルラボ
「リサイクル キッチン」プログラム

 

a
左から:m.m.m、to/one

 

a
左からF organics、FEMMUE、COSKICHI

回収してもらえる化粧品空き容器は、コスメキッチンビープル バイ コスメキッチンメイクアップキッチン、セルヴォーク、エコストアで購入したアイテム。全国約90店舗で実施予定なので、これからは使い終わったたら捨てずに近くの店舗へ持っていくことを習慣に。

世界上位のプラスチック生産国の私たちができること

日本はプラスチック生産量、ひとり当たりが出すプラスチックごみの量ともに世界でも上位。毎日使う化粧品からまずはプスチックごみを減らしていきたいもの。オーガニックコスメで体も心もきれいになると同時に、地球自体が深呼吸できるきれいな環境に。そんなサスティナブルなライフスタイルを目指していきたいですね。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

a
a
サステナブル マッシュスタイルラボ
a
a
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する