夏冷えを予防!暑い時期の食べ方とセルフケア【女性のためのヨガ知識】

Getty Images

夏冷えを予防!暑い時期の食べ方とセルフケア【女性のためのヨガ知識】

仁平美香
仁平美香
2019-07-30

暑い時期に気をつけたい食べ方

暑い時期にまず気をつけたいのは、カラダの冷え。外気が暑いので冷えていることに気づきにくいですが、足先など末端だけでなく、おなかやおしりをさわるとひんやりという女性は結構多いです。おなかまで冷たい方は生理痛などの不調が出やすくなります。

冷たいもののとりすぎに注意

冷房やファッションなども原因のひとつですが、まずは冷たいもののとりすぎにも注意しましょう。夏場は消化力が落ちるため、食欲が落ちますが、そうすると冷たい麺類やアイスなど冷たい食品ばかりになってしまいがちです。夏野菜などはカラダの余分な熱をとってくれるので夏の時期にはおすすめですが、生のサラダの後に冷たい麺、デザートはアイスでは体が冷えすぎてしまいます。火を通したお料理は消化もしやすいので胃腸が疲れているときはさっとゆがいたものなどが◎ 

夕食は早めに済ませるように

また夏場は日が長くなるので、ついつい遅くまで食べてしまいがちですが、寝る際に未消化物が残っていると消化力の落ちている胃腸に負担がかかるので、ますます消化力が落ち、代謝が下がってしまいますので食べる時間も気をつけたいところです。私も会食などのときは守れないこともありますが、できるだけ自分で食べる時間を決められる時は消化してから眠れるよう、夕食を早めに済ませるように日々気をつけています。

胃腸などの内臓の機能が落ちたり、かたまると自律神経にも影響をおよぼしてしまうので、ホルモンバランスの乱れなども起こり、結果肌荒れやドカ食いなどにつながるのでダイエットしたい人もきれいになりたい人も食べる時間や冷たいもののとりすぎには注意していきましょう。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する