大切なのはインナービューティー!ヨギは自分らしい「腸活」を始めよう

Takahito Ochiai (Gran)

大切なのはインナービューティー!ヨギは自分らしい「腸活」を始めよう

今、積極的に腸内環境を整える「腸活」が話題です。腸は、健康や美容に大きく関わる重要な器官。腸内環境が乱れると便秘、肌荒れをはじめ心身の不調を招くもとに。腸活でインナービューティーを目指しましょう!

ヨガ+自分に合う腸活でインナーを整えよう!

「腸内環境が整っている人こそ、体の内側とメンタルが健やかで、インナービューティーな人です」と腸の働きに詳しい、管理栄養士でヨガトレーナーの岡清華先生。「腸内細菌は、消化・吸収の促進や免疫の活性化、ビタミンの合成など、さまざまな役割を担っています。さらに、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの合成に関わるなど、メンタル面にも深く関係します。腸内環境を整えることで、便秘や肌荒れを防いだり、代謝や免疫力を高めたりと、うれしい効果が期待できます」

つまり、安定した心身を目指すヨギは、ヨガと併せて「腸活」を実践することが大切!
「現代人は体に余分なものをため込みがち。腸活ではまず、きちんと″出す〟ことから始めましょう。質の高い睡眠、バランスのとれた食事、適度な運動を基本にしつつ、『これをとると調子がいい』と自ら感じる腸活アイテムを見つけて、取り入れるのが理想的です」
日々の変化を観察しながら、合うものを探してみましょう!

腸に効くヨガポーズ:アルダマッツェーンドラーサナ

上体をねじることで下腹部に圧がかかり、腸をはじめとする消化器官を刺激し活性化させます。下腹部を内側へ引き込むようにキープしながら、腹式呼吸を続けることがポイント。

お腹革命
Photo by Takahito Ochiai (Gran)

HOW TO

両膝を立てて座り、右足を左脚の下にくぐらせ、左足を右脚の外側におく。両手で左脚を上体に引き寄せたら、背骨を長く伸ばし、右肘を左膝の外側に当て、押し合う力で上体を左側へねじって5~10呼吸。反対側も。

教えてくれたのは…岡 清華先生
管理栄養士、ヨガトレーナー。ハワイ・カウアイ島でアーユルヴェーダを学ぶ中で、全米ヨガアライアンスRYT200を取得。食・体・心のつながりやバランスを大切にした、美容法&ライフスタイルを発信中。

岡清華
岡 清華先生

モデルを務めてくれたのは…広瀬未花さん
モデル、タレントとしてさまざまなメディアで活躍中。現在、朝日放送「朝だ!生です 旅サラダ」の旅サラダガールを担当。日本ヨガインストラクター協会認定資格2級を取得したヨギでもある。

広瀬未花
「合う腸活アイテムを見つけたい!」広瀬未花さん

Photos by Takahito Ochiai (Gran)
Model by Mika Hirose
Styling by Yuko Hachiya
Hair&make-up by Rika Imazeki (P-cott)
Text by Nanako Inoue
yoga Journal日本版Vol.64掲載
Sponsored by お腹革命

All photosこの記事の写真一覧

お腹革命
おなか革命
お腹革命
お腹革命
お腹革命
お腹革命
お腹革命
岡清華
広瀬未花
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する